小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スターバックス/カスタマイズに「アーモンド ミルク」導入

スターバックス コーヒー ジャパンは10月2日から、カスタマイズの新しい選択肢として「アーモンド ミルク」を導入した。

<カスタマイズに「アーモンド ミルク」導入>
カスタマイズに「アーモンド ミルク」導入

エスプレッソビバレッジなどのミルクを使ったビバレッジのカスタマイズの一つとして、全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)にて期間限定で楽しめる。

アーモンドミルクは、植物性ミルクで、ビタミンE、ミネラル、食物繊維などが豊富といわれ、欧米で人気に火がついた。日本でも「カラダにやさしいものを選びたい」というライフスタイルニーズが増える中、牛乳、豆乳に次ぐ第3のミルクとして注目を集めている。

スターバックスオリジナルの「アーモンド ミルク」は、エスプレッソとバランスよく楽しめることにこだわり、香ばしいアーモンドの風味やクリーミーな味わいが表現できるように工夫をこらし開発した。

<10種類の組み合わせを提供>
10種類の組み合わせを提供

「スターバックス ラテ」のバリエーションだけをみても、エスプレッソは「エスプレッソ ロースト」、「エスプレッソ ロースト ディカフェ」の2種類で、ミルクは「スターバックス ミルク」、「低脂肪タイプ」、「無脂肪乳」、「ソイミルク」、「アーモンド ミルク」の5種類になる。両方の組み合わせで10種類になる。

「キャラメル マキアート」や、ビターなチョコレート風味と甘さの「カフェ モカ」、フラペチーノのカスタマイズにもお勧めだという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧