小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サントリー/「オランジーナ」の中味とパッケージ刷新、大人世代向け

サントリー食品インターナショナルは3月13日、「オランジーナ」の中味とパッケージを刷新する。

<「オランジーナ」の中味とパッケージ刷新>
「オランジーナ」の中味とパッケージ刷新

「オランジーナ」は、1936年にフランスの地中海沿岸で誕生して以来、長年愛され続けている果汁入り炭酸飲料。日本では、2012年に発売し、その爽やかなオレンジの味わいとオレンジピールエキス由来の自然な苦味で好評を得ている。

炭酸飲料市場は、40代以上を中心に拡大を続けている。今回、「オランジーナ」を支持している40代以上を中心とした大人世代のお客に、さらに満足してもらうため、「オランジーナ」の中味・パッケージを刷新する。

中味は果実本来の味わいがありつつ、後味はよりさっぱりとオレンジピールのビターさも感じられる、味わいに仕上げた。

パッケージは、品質感のあるデザインを維持しながら、はじめてロゴを変更し、海外をイメージした大胆で活気のあるラベルに仕上げた。

また、大人がこだわりのものを選ぶ楽しさを表現するため、3種類のラベルと5種類のボトルの組み合わせにより全15種類のデザインを用意した。

希望小売価格(税別)は420ml・140円、1.2リットル320円。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧