小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブンプレミアム/ゴールドシリーズ「ハンバーグ」など主力4品一新、12円値下げ

セブン&アイ・ホールディングスは5月8日から順次、最上級ブランドとして展開している「セブンプレミアムゴールド」シリーズの主力商品4アイテムをリニューアルする。

<セブンプレミアムゴールドシリーズ>
セブンプレミアムゴールドシリーズ

今回、「セブンプレミアムゴールド 金の直火焼ハンバーグ」「同 金のビーフシチュー」「同 金のビーフカレー」を一新する。商品価格は各税込398円を12円値下げして386円で販売する。

5月8日から「金の直火焼ハンバーグ」を販売するのに合わせて、「セブンプレミアムゴールド 金の食パン」も一新する。金の食パンは、5枚入り256円を8円値下げして248円に、2枚入り128円を1円値下げして127円で販売する。

5月15日に「金のビーフシチュー」、5月29日に「金のビーフカレー」を一新する。

セブンプレミアムゴールドシリーズは、プライベートブランド「セブンプレミアム」を上回る、上質な原料とこだわりの技術で仕上げた商品として、2010年4月に誕生したブランド。

「セブンプレミアム」は、2017年度、約1兆3200億円を売り上げるブランドに成長している。

ブランド誕生時より継続してラインアップしているハンバーグ、カレー、ビーフシチューは、これまでにも改良を重ねており、今回で8回目のリニューアルとなる。金の食パンは7回目のリニューアルとなる。

各商品ごとに原材料や製法を新たにし、ひと工夫を加えることで、より専門店で提供されるような品質を実現した。

<羽石シニアマーチャンダイザー>
羽石シニアマーチャンダイザー

セブンーイレブン・ジャパン商品本部FF・惣菜部デリカテッセン担当の羽石奈緒シニアマーチャンダイザーは、「お客様の嗜好の変化に対応するため、毎年、商品のリニューアルを行っている。今回は、商品コンセプトを『私や家族などにごほうび!』とし、より専門店で使われる製法を導入して品質を向上させた。nanacoのデータでは40代女性がまとめ買いする傾向があるため、より買いやすい手ごろな価格を目指した」と語る。

nanacoデータによると、一つの商品を3パック購入する場合や、ハンバーグ、シチュー、カレーを同時に購入するなど複数の商品を同時に購入する傾向がみられた。

同時購入する商品では、千切りキャベツ、レタスミックス、彩り大根ミックスがあがっており、夕食のおかずとして利用されていることがうかがえる。

リニューアルにより、まとめ買い・リピートのお客を増やしていきたいという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧