小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブンプレミアム/増税後も価値訴求「ゴールド」50アイテムに拡大

商品/2019年09月18日

セブン&アイ・ホールディングスは9月18日、プライベートブランドの最上級ブランド「セブンプレミアム ゴールド」シリーズを現在の36アイテムから50アイテム以上に拡大すると発表した。

消費税増税となる10月1日以降、大手コンビニでは2%、中小小売店は5%のキャッシュレス・ポイント還元施策が実施される。一方で、キャッシュレス・ポイント還元事業の対象外となる、大手スーパーやドラッグストアは対抗値下げに動く可能性があり、増税後に価格競争が起こる懸念があることに対応する施策。

セブン-イレブン・ジャパンの高橋広隆執行役員商品本部長は、「セブン-イレブンは、これまでも価格訴求ではなく、価値訴求を行ってきた。増税後は、値下げ・ポイント還元が主戦場ではない。品質を伴った商品でしか勝てない。『どこにも負けない品質を、この価格で』という商品を開発する」と述べた。

セブンプレミアムは、セブン&アイHDのグループ共通商品であり、本年度中に50以上のアイテムまで拡大し、価格競争にとらわれない価値訴求に取り組む。

<金のミルクアイス>
金のミルクアイス

10月11日、「セブンプレミアム ゴールド 金のミルクアイス」(税込213円)を発売する。「2018年6月の発売以降、累計1800万個を販売している大人気商品『セブンプレミアム ゴールド 金のワッフルコーン ミルクバニラ』で好評の乳の美味しさと、なめらかな食感をベースとした新しいカップタイプの贅沢なミルクアイスを投入する。

10月22日、「同金のしっとりバウムクーヘン」(213円)を発売する。バウムクーヘンを作るためのこだわりの小麦粉や、フランス産の発酵バター、こだわりの卵黄等、選び抜いた原料を使用し、生地そのものの美味しさを徹底して追及した商品。原料や製法にこだわることで、バウムクーヘン本来のしっとりふんわりとした食感を実現したという。

<金のしっとりバウムクーヘン>
金のしっとりバウムクーヘン

9月23日週から順次、「金のウインナー」(321円)を発売。10月中旬から、ヨセミテ・ロードリミテッド3アイテム(各998円)、11月18日週から順次、「金のバターロール4個入」(257円)を投入する。12月上旬には、「金の豚角煮」(388円)を発売する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧