小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コープデリ、日生協/乳幼児向け冷凍素材食品、販売50店に拡大

コープデリ生活協同組合連合会は、日本生活協同組合連合会と共同開発した乳幼児向け食品「CO-OP きらきらステップ」シリーズの販売を50店舗まで拡大している。

<やわらかいミニうどん>
やわらかいミニうどん

「CO-OP きらきらステップ」シリーズは冷凍素材の乳幼児向け商品で、2017年3月より販売を開始。商品は「離乳食以後向け」「幼児向け」などのカテゴリーに分けており、子育て世帯からの支持を得て一部店舗で実験販売していたが(通常は宅配サービスのみ)、今回販売店舗を計50店に広げる。

忙しい子育て世帯を応援する、冷凍素材のシンプルな乳幼児向け食品で、下ごしらえなしですぐに使える「素材型」商品中心となっている。子どもの月齢に合わせてすりつぶして柔らかくしたり、他食材と組み合わせて簡単にアレンジしたりすることができる。

また、子どもに安心して与えられるようパッケージ前面に、アレルゲンや食塩相当量などの情報を分かりやすく表示している。

子育て世帯の「手軽に手作りできる離乳食」へのニーズの高まりに応え、商品設計から月齢に応じた使い方まで、管理栄養士のアドバイスも受けて開発。試作段階で実施した計8回の組合員グループインタビューには、33人の乳幼児を含めた99人が参加し、意見交換を行った。

シリーズ全15品目のうち、今回「(九州産小麦使用)やわらかいミニうどん」(税別298円、80g×6)、「国産野菜で作ったなめらかキューブほうれん草」(298円、12個入)、「国産若鶏のスティックナゲット」(298円、210g)など7品目を販売する。

■コープ「きらきらステップ」商品サイト
https://goods.jccu.coop/lineup/kirakirastep/

■「きらきらステップ」シリーズ販売店舗
販売店舗数:計50店舗
内 訳:コープみらい(東京エリア15店舗、埼玉エリア16店舗、千葉エリア7店舗)、茨城県:いばらきコープ(2店舗)、栃木県:とちぎコープ(4店舗)、群馬県:コープぐんま(4店舗)、長野県:コープながの(2店舗)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧