メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

キリン/「本麒麟」販売計画1580万箱に上方修正

2019年07月10日商品

キリンビールは7月8日、「本麒麟」(350ml缶、500ml缶)の販売好調を受け、年間販売目標を年初計画の1380万ケースより約200万ケース増やし、前年比約7割増にあたる約1580万ケースに上方修正した。

<本麒麟>
本麒麟

「本麒麟」は、新ジャンルの商品でありながら、力強いコクと飲みごたえのある本格的なうまさを味わえる商品。今年1月中旬製造品からリニューアルを行い、「本麒麟」の強みである「ビールに近い卓越したうまさと品質」を一層強化した。

商品リニューアルにとどまらず、「本麒麟」史上最大規模の広告・PRを店頭と連動。ビール類の主飲層である40~50代に加え、20~30代のトライアル飲用が大きく増え、上半期の販売数量は前年比約8割増となった。

今回、上半期の販売好調を受けて、7~8月は前年比で約7割増産。年間販売目標も大きく上方修正している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方