小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/クリスマスも予約推進「土用の丑」と同等にロス削減

商品/2019年11月21日

ファミリーマートは11月21日、都内の本社で、2019年クリスマス商品説明会を開催した。

<2019年のケーキの一例>
2019年のケーキの一例

ファミリーマートでは、食品廃棄ロスを削減する施策の一環として、季節商品の予約販売を推進している。今年は、「ファミクリをヨヤクリ!」をテーマに予約を訴求する。

クリスマスでは、ケーキ23種類、アイスデザート5種類、チキン9種類、パーティーメニュー14種類、酒10種類、ペット用ケーキ2種類の合計63種類を予約商品で対応する。

7月の「土用の丑」で、初めて原則予約販売を実施したところ、うなぎ商品の全体の販売額は20%減少したが、予約数は約2倍を記録した。加盟店の対象商品の売上総利益額は約70%増加し、全社のうなぎ商品の廃棄金額は約80%減少した。

クリスマス商品も原則、予約販売とすることで「土用の丑」と同様の数値を目指す。

主力のケーキは12月5日までに予約すると、税込販売価格から300円引きとなる早割を実施。また、予約商品の受け取り会計時にFamiPay払いで、対象となるFFチキンセット(全4種:一部商品数量限定)とケーキ・アイスデザート・パーティーフーズ(全44種:一部商品数量限定)を一緒に購入すると、500円相当のFamiPayボーナスを還元する。

合計で800円相当の値引きとなり、クリスマスケーキとともに、ファミチキ、ファミマプレミアムチキン、ポケチキなどのフードメニューを訴求することで、クリスマスパーティーをサポートする。

また、フードメニューでは、数量限定「アンガス牛使用!ローストビーフサラダ」(1200円)、クリスマスオードブル(1380円)を用意した。

<ファストフードメニューの一例>
ファストフードメニューの一例

2018年のクリスマスケーキ市場は約522億円(前年同期比2.8%減)となったが、ファミリーマートのクリスマスケーキ売上は前年を超えた。

特に戦略的にアイテムを強化した2000円台の商品が好調で、売上高は2.5倍以上となった。

デリカ食品部デザート・アイスグループの三木春香氏は、「コンビニスイーツ全体が好調で、デパ地下や専門店がコンビニを脅威と感じてきている。データ的な裏付けは難しいが、個人的には、コンビニのケーキが割りとベーシックなケーキを訴求している点や形が崩れやすいケーキを、できるだけ自宅の近くで購入したいといったニーズが追い風になっていると思う」と市場を分析する。

昨年の実績から、有名店とのコラボレーション商品・有名店監修商品は予約につながりやすいことがわかった。昨年に引き続き「ケンズカフェ東京監修ガトーショコラ」(税込2800円)、「上林春松本店監修抹茶のクリスマスケーキ」(2500円)といったコラボ商品を訴求する。

また、子ども向けには、キャラクターコラボ商品「すみっコぐらし」かざって楽しいクリスマスケーキ(3990円)、本格派大人向けには、「ブルーミッシュ共同開発 国産りんごシブースト」(2500円)を用意し、予約獲得の増加を目指す。

<ケーキのコラボ商品の一例>
ケーキのコラボ商品の一例

1人でクリスマスを過ごす「ぼっちクリスマス」も注目のキーワードになっていることに対応し、クリスマス限定デザート3種類を12月17日から発売する。

「苺のショートケーキ」(358円)、「ザッハトルテ」(298円)、「抹茶のモンブラン」(348円)を用意した。

<クリスマス限定デザート>
クリスマス限定デザート

ぼっちクリスマスに対応し、9月から発売を開始し想定の2.7倍の販売実績となったお母さん食堂の「スモークサーモン」(378円)も訴求する。

11月26日からは、キリンビールと共同開発した「キリン・ザ・ホップ香りの余韻」350ml227円、500ml298円を投入する。プレミアムビールの品質でありながら、価格は通常のビールと同じ、お得感と特別感のあるビールも訴求する。

ケーキを軸に、ファストフード商品、サラダ、酒類とフルラインで、クリスマス関連商品を訴求し、関連販売を強化する。

2019年のクリスマス商戦は、23日(月)、24日(火)、25日(水)となり、曜日回りが平日となる。通常、イベントが平日と重なると、出かける人が少なくなり小売業の売上には逆風となるが、ファミリーマートでは、むしろ追い風になると考えている。

デリカ食品部デザート・アイスグループの三木春香氏は、「平日は、仕事があるため、家族団らんで過ごす人が増える。仕事帰りに、近くのコンビニで商品を買い求める人も多い。これまでの実績では、週末のクリスマスよりも平日のクリスマスの方が10%程度、売上が高くなっている」と今年のクリスマス商戦に期待を寄せている。

■ファミクリ!2019
https://www.family.co.jp/campaign/spot/2019christmas.html

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧