小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

松屋フーズ/オリジナルカレー終売

商品/2019年11月28日

松屋フーズは11月28日、オリジナルカレー関連メニューの販売を終了すると発表した。12月3日から、「創業ビーフカレー」(並)税込490円を定番化し、定番商品を入れ替えるもの。

<創業ビーフカレー>
創業ビーフカレー

「牛バラ肉をとろっとろになるまで煮込んだ「創業ビーフカレー」は、牛肉をたっぷり使用しており、食べ終わるまで牛肉の旨味が味わえる創業当時の味を再現して作られた松屋の本気カレー。復活が望まれた限定メニューをついに定番化する」(同社)。

創業ビーフカレー(並)490円 (大盛)590円、創業ビーフカレー生野菜セット(並)590円 (大盛)690円、創業ビーフカレギュウ(熟成チルド牛肉使用)(並)720円 (大盛)820円、創業ハンバーグビーフカレー(並)720円 (大盛)820円、創業味玉ビーフカレー(並)570円 (大盛)670円を用意した。

牛めしと創業ビーフカレーが1度に楽しめる「創業ビーフカレギュウ」、鉄板でふっくらと焼き上げられたハンバーグと創業ビーフカレーとの相性が抜群な「創業ハンバーグビーフカレー」も合わせて定番化となる。

創業ビーフカレーの販売にあたっては、11月27日22時に公式ツイッターが【大切ならお知らせ 大事件】と題して、「夜分ですが皆様には早めに伝えたくて。松屋から『オリジナルカレー』が消え!?来週日曜日から松屋の「オリジナルカレー」順次全店終売となります」と告知。

「松屋カレーショック。松屋の定番。オリジナルカレー。まもなく本当に無くなります。オリジナルカレーをご愛顧いただいていた皆様には大変心苦しいのですが松屋オリジナルカレー。本当に終売です。食べおさめは今のうち」と公表し、ネット上で話題を作っていた。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧