メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

キリン/「よなよなエール」の飲食店向け大樽を一部エリアで発売開始

2016年01月27日商品

キリンビールは4月5日、ヤッホーブルーイングが提供している「よなよなエール」の飲食店向け大樽を一部エリアで発売を開始する。

販売エリアは東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県。

キリンビール調べでは、2015年のクラフトビール市場は、多様な個性を楽しめるビールとして20代、30代を中心に好評で、対前年約7割増まで拡大した。

2016年も引き続き、魅力的で個性的なビールに対する関心が高まることが予想され、対前年約2割増まで拡大する見込み。

キリンビールは、今回新たに「よなよなエール」の飲食店向け大樽をラインアップに加え、多様なニーズに応えていくとともに、クラフトビール市場の活性化とビールカテゴリーの魅力化を図っていく。

大樽の内容量は、15リットル。

取扱店目標数が、200店(キリンビール販売分のみ)。販売目標数160キロリットル(大びん換算で約1.2万ケース、キリンビール社販売分のみ)。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方