小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

プラス/ロングセラー「コピーボード」をフルリニューアル

プラスは2017年1月1日、ボード面に書いた内容を一体型の感熱紙プリンタに簡単出力できるベーシックモデルのコピーボード(電子黒板)をフルリニューアルした「コピーボード K-10シリーズ」を発売する。

<コピーボード>
コピーボード

「K-10シリーズ」は、感熱紙タイプのロングセラー「BF-041」の後継機。シンプル操作でインク交換不要のイージーメンテナンスという感熱紙タイプの手軽さ・利便性はそのまま踏襲しながら、動作時の消費電力50%以上削減、ボードの厚みを40%減の薄型・軽量化、スクロールもさらに軽く片手でスムーズに手送りできる設計など、基本的な使い勝手を高めている。

印刷機能は、電源を入れて印刷ボタンを押すだけで簡単に操作できる。シンプルで直感的に操作できるので、使い方で迷うことがなく、誰でも簡単にコピーが取れる。

印刷はロールタイプの感熱紙をプリンタ部のフタを開けてセットする仕組み。インクジェット式と比べてインク交換のコストがかからず、メンテナンスも容易になっている。プリントアウトした用紙は手で簡単にカットすることができる。

また、PC接続などによるデータ保存機能を敢えてなくし、情報漏えいリスクを排除したという。

ダークグレーをアクセントカラーにしたボードユニットから新デザインのプリンタユニットまで、インテリア性の高いオフィスやフロアに溶け込むデザイン性を重視した。

オールインワン(プリンタ一体型)なので余計なケーブルはなく、唯一接続が必要な電源ケーブルもACアダプタホルダーにすっきり収められる。

希望小売価格(税抜)は、スタンダードタイプ「K-10S-ST」が19万8000円、ワイドタイプ「K-10W-ST」が21万8000円(いずれも「本体+専用スタンド」のセット価格)。

販売目標は、初年度2000台(国内のみ)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧