流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ファミリーマート/「クリスピーチキン(ハバネロホット)」累計販売数500万食を突破

2021年10月22日 11:30 / 商品

ファミリーマートは10月22日、「クリスピーチキン(ハバネロホット)」の単品累計販売数が500万食を突破したと発表した。

<クリスピーチキン(ハバネロホット)>
クリスピーチキン(ハバネロホット)

「クリスピーチキン」(プレーン・ハバネロホット)は、2021年3月に、ファミリーマート創立40周年のチャレンジ「40のいいこと!?」の第1弾商品としてファミチキ越えの問題児と題して発売された。

その際に、瞬く間に完売した「クリスピーチキン(ハバネロホット)」は、再発売を望む声を多かったことから、10月19日より、全国のファミリーマート約1万6600店にて再発売した。再発売から3日間で、これまでの「クリスピーチキン」(ハバネロホット)」の単品累計販売食数は500万食を突破している(10月22日時点)。

「クリスピーチキン(ハバネロホット)」は、カリッとした食感が楽しいフライドチキン。味付けに使用する唐辛子にはハバネロを加えている。

関連記事

関連カテゴリー

商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧