メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

モスバーガー/鎌倉小川軒監修「モスのレーズンシェイク」地域・数量限定で販売

2022年01月21日商品

関連キーワード:

モスフードサービスは2月3日、東京都、神奈川県内の「モスバーガー」242店舗で、ケイワンが製造する鎌倉小川軒の菓子「レーズンウィッチ」をイメージしたシェイク「モスのレーズンシェイク 鎌倉小川軒監修」(Sサイズ、税込450円)を数量限定で発売する。

<モスのレーズンシェイク 鎌倉小川軒監修>

「モスシェイク バニラ」に、鎌倉小川軒の「レーズンウィッチ」をイメージしたオリジナルのレーズンクリームソースと、バターサブレ「鎌倉ビスケ(アーモンド)」をトッピングした。鎌倉ビスケの香ばしさ、レーズンクリームソースの芳醇(ほうじゅん)な香り、モスシェイク バニラのほのかな甘みが楽しめるという。

レーズンクリームソースは、ベースのソースにミンチにしたレーズンと、丸のままのカレンズを配合し、「モスシェイク バニラ」と合うように仕上げた。トッピングの「鎌倉ビスケ」は、鎌倉小川軒で販売されている商品を、そのまま使用している。

<スリーブ(イメージ)>

シェイクは、カップにスリーブを巻いて提供。また、テークアウトの場合はビスケットを個包装する。

<鎌倉小川軒>

鎌倉小川軒は、鎌倉市を中心に展開する菓子店。創始者の中村敬臣氏が、1988年に東京代官山の「小川軒」から独立し、89年に「お菓子の家・鎌倉小川軒」として、鎌倉本店と戸塚店を同時オープンした。「レーズンウィッチ」は、鎌倉の顧客だけではなく、土産としても幅広い世代が購入する人気商品といい、毎日に平均1万個以上を生産している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方