メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/コーヒーマシンに好みで選べる「3つの味わい」機能追加

2022年07月04日商品

関連キーワード:

セブン‐イレブン・ジャパンは7月4日、淹れたての本格コーヒー「セブンカフェ」を抽出するセブンカフェマシンに、味わいを3段階の中から選べる新機能を追加した。

<「セブンカフェ」に3種の味わいを選べる新機能追加>

全国のセブン‐イレブンで販売する「セブンカフェ」のアイス・ホットコーヒー購入時に、「軽め」「ふつう」「濃いめ」の3つから、香りやコクの異なる好みの味わいを選ぶことが可能になった。販売数が年間で最も高くなる夏場に合わせて、幅広い顧客ニーズに対応できるよう、新機能を追加したという。

操作方法は、まずセブンカフェマシンにカップをセット。マシン上部のメインディスプレイに表示される3種のボタンから軽め・ふつう・濃いめのいずれかを選択できる。

新機能追加の背景については、コロナ禍に入った約2年前から検討を開始。人の動きが止まった中でどのように顧客ニーズに応えるかという課題があったという。家庭用レギュラーコーヒーのマーケット全体で高級豆がよく売れたという流れもあり、製品のクオリティを上げる方向で開発を進めた。コーヒーのマーケットが広がる中で嗜好の幅も広がり、その中で消費者の好みに合わせられる所に価値があるという考えだという。機能追加後も抽出時間に差はほぼなく同等で、使用する豆の量も誤差の範囲だとしている。

コーヒー豆は4カ国(グアテマラ、タンザニア、コロンビア、ブラジル)のものを使用し、より香りを楽しめるよう、機能追加に合わせて豆のブレンド比率を変更。ホットは、華やかな香りが特長のタンザニア豆の比率をアップし、アイスは、芳醇な香りのグアテマラ豆の比率を上げた。さらに、これまでのトリプル(3段階)焙せんからクワトロ(4段階)焙せんに変更し、「中いり」「中深いり」「深いり」「極深いり」4種の異なる焙せん豆を使用することで、奥行きのある味わいに仕立てたという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年08月11日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方