小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

特許庁/コピー商品撲滅キャンペーン開催

特許庁は12月2日~2020年1月31日、コピー商品を買わないためのポイントを知ってもらうため、コピー商品撲滅キャンペーン「しっかり調べてNice Judge!!」を実施する。

<しっかり調べてNice udge!!>
しっかり調べてNice udge!!
出典:特許庁ホームページ(以下同じ)

今回、初めてピールオフ形式の交通広告を行い、コピー商品が身近に存在することを広く周知する。

近年、ネットショッピングでコピー商品と気がつかずに行われる売買が増えている。誰もがコピー商品の買い手だけでなく、売り手になってしまう可能性がある。特に20代前半の若者は、フリマアプリやSNSの使用頻度が高いことからその被害に遭うケースが多い。

そのため、特に若年層に対してコピー商品を買わないための具体的な対処方法を紹介し、コピー商品の売買をなくすことを目的としてキャンペーンを開始する。

■フリマアプリ利用者の45.5%コピー商品を知らずに購入

20代前半の若年層にアンケートを実施したところ、ネットショッピングやフリマアプリを利用する約半数(45.5%)の人が、コピー商品とは知らずに購入した経験があると回答している。

<コピー商品を知らずに購入した人の割合>
コピー商品を知らずに購入した人の割合

そのため、キャッチコピーとして、コピー商品を買わないための方法を知ってもらうため「しっかり調べてNice Judge!!」を採用した。

キャンペーンでは、特設サイトを開設した。キャンペーン動画(約90秒)を配信するとともに、怪しいサイトの見分け方やコピー商品を買わないための具体的な対処方法を紹介する。

Nice Judge先生が、安心・安全にネットショッピングを楽しむコツをレッスンする記事も配信する。レッスンは、3回更新する予定だ。

また、各種SNSなどで、「しっかり調べてNice Judge!!」をテーマに、冷静な判断によりコピー商品を購入しなかった20代前半の女性をたたえる約15秒のキャンペーン動画を配信し、特設サイトへ誘導する。

全国5カ所の駅で、ポスターに貼りつけられている物を自由に剥がして持ち帰ることのできるピールオフ広告を展開し、スマホ用のタッチペンが入った「偽除御守」を配布して、キャンペーンを広く周知する。

しっかり調べてNice Judge!

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧