小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/CEATECで2025年のコンビニ提案、竹増社長が講演

ローソンは10月16日~19日、幕張メッセで開催する「CEATEC JAPAN 2018」にブース出展する。開催初日の16日には、竹増貞信社長がキーノート講演を行う。

<展示ブースのイメージ>
展示ブースのイメージ

ローソンが目指す未来のコンビニエンスストアは、お客の生活の身近にあるメリットを最大限に活かした店舗。

IoTを中心としたデジタル技術の革新で様々な新サービスを実現し、リアル店舗の特徴である「おもてなし」をより進化させる。

多様な技術や知識を集結することで、共に「未来のコンビニ」を創りたいとの想いから、今回「CEATEC JAPAN 2018」への出展を決定した。

ローソンブースは、多様化する決済手段の一つとして、RFIDを活用したウォークスルー決済で買い物ができる「購買エリア」と、ローソンが目指す、おいしさ・健康・おもてなしと楽しさ、を体感できる「未来のローソン体験エリア」で構成する。

購買エリアでは、商品に付いているRFIDタグを読み取ることで、レジ打ちや金銭授受をせずに会計できるウォークスルー決済での購買体験ができる。

未来のローソン体験エリアでは、調理ロボットがお客の購入履歴や嗜好、健康状況に応じてカスタマイズされた作りたてでおいしい食事を提供する。

また、ホログラムを利用して、お客に驚きのからあげクンの注文体験をしてもらう。

ローソンの制服を着たバーチャルクルーとのコミュニケーションを通じて、お客がローソンに来店することが楽しくなるおもてなしを提供する。

デジタルコンシェルジュを配置し、IT技術を活用し、店舗のイートインコーナーで遠方の専門家とつながることにより実現できる、医療などのサービスや趣味のシェアなど店舗での買い物以外の価値を提供する。

環境対策ツールとして、現在、検討中の地球環境に配慮した商品パッケージへの変更や買い物の仕方の提案をする。

竹増社長のキーノート講演では、ブースの取り組みを包括した更なる「未来のローソン」について話す予定だ。

■CEATEC JAPAN 2018
https://www.ceatec.com/ja/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧