小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

トライアル/「レジカート」導入で買上点数向上、スマートストア推進

トライアルホールディングスは4月15日、レジカートを導入した店舗では、買上げ点数が平均2点向上したと発表した。

<レジカート>
レジカート

同日行われた「メガセンタートライアル新宮店」リニューアルオープン発表会で、西川晋二副会長が明らかにしたもの。

西川氏は、「当社の平均上げ点数は12~13点だが、レジカートを導入したスーパーセンタートライアル アイランドシティ店、トライアル Quick大野城店などでは、さらに2点買上げ点数が向上し、売上も10%以上伸びている。カートでの商品のレコメンド、クーポン発行が貢献している。購入金額の合計が手元ですぐ見れるのも、わかりやすいと好評だ」と述べた。

「レジカート」は、ショッピングカートにタブレットを搭載し、セルフレジ機能を持たせている。

<専用のプリペイドカードでログイン>
専用のプリペイドカードでログイン

専用のプリペイドカードでログインしておけば、通常のレジをスルーして、ボタン一つで会計を済ませることができる。

<買物しながら会計できる>
買物しながら会計できる

レジ待ち時間を解消するとともに、昨今問題となっている小売業のレジスタッフの人手不足を解消する。

<スキャンされた商品情報に基づきレコメンドを表示>
スキャンされた商品情報に基づきレコメンドを表示

また、レジカートに取り付けられたタブレットの画面上には、売場でスキャンされた商品情報に基づいたレコメンドが表示される。

<クーポンでお買い得情報も>
クーポンでお買い得情報も

ポイントがもらえるクーポンを発行するなど、お買い得情報も発信している。

西川氏は、「GMSの経営は難しい局面にあるが、当社では、スマートストア化でお客様にストレスなく買っていただく環境を整備する。カートレジのほか、セルフレジ、セミセルフレジも導入した結果、レジ作業が軽減し、コスト削減効果が出ている」と話している。

同社では、カートレジのほかに独自開発した小売に特化した「リテールAI カメラ」、「電子プライスカード」、「サイネージ」を導入し、スマートストア化を推進している。

「リテールAI カメラ」は人物カウントや商品認識など小売に特化したAIを搭載。

カメラで撮影した顧客の動向とサイネージと連動させ、飲料コーナーなどでお客がショッピングカートの場合はケース買いのお得な情報を、また買い物カゴに合わせたお得情報を流すなど、購買行動に合わせた情報を提供する。

「電子プライスカード」では、需要と供給に合わせて価格設定を行うダイナミック・プライシングが可能になっている。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧