小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

トライアル/「新宮店」刷新、AIカメラ1500台導入で目標年商100億円

トライアルホールディングスは4月19日、福岡県糟屋郡の「メガセンタートライアル新宮店」をAI・ITを活用したスマートストアにリニューアルする。

<Retail AIの永田社長、松下取締役>
Retail AIの永田社長、松下取締役

同社は「流通情報革命」をスローガンに、テクノロジーによるさらなる流通変革を目指し、2018年11月1日に新会社Retail AIを設立している。

<メガセンタートライアル新宮店>
メガセンタートライアル新宮店

今回、「メガセンタートライアル新宮店」にRetail AIが小売業に向けて独自開発した「リテールAI カメラ」を1500台、電子プライスカード7000枚、レジカート200台、サイネージ210台導入し、トライアル最大のスマートストアへ刷新する。

<リテールAI カメラ>
リテールAI カメラ

「リテールAI カメラ」は、Retail AIが独自に中国・深センで開発した、人物カウントや商品認識など小売に特化したAIを搭載。

スマートフォンをベースに開発し、1300万画素のカメラを搭載していることでハイビジョン動画に加え、高精細な静止画を撮影可能となっている。

また、Wi-Fiと有線LANでネットワーク接続ができ、HDMI、USBで周辺機器と接続できる。

<手ぶらのお客には単品を勧める>
手ぶらのお客には単品を勧める

お客が買物する際、手ぶらかカートを押しているかなど、買物の様子を認識し、手ぶらの場合はサイネージに単品のCM、カートを押す際は大量買いできる箱のCMを流すなど、顧客の状態に合わせたone to oneのデジタルマーケティングを目指している。

<カートのお客には箱買いをお勧めする>
カートのお客には箱買いをお勧めする

また、商品の欠品などの棚の状況をリアルタイムで把握できるため、商品補充を適切なタイミングで行えることで、販売機会ロスを減らし、売上向上を図る。

現在年商60億円弱の同店だが、スマートストア化で、初年度の目標年商は100億円に設定している。

Retail AIの永田洋幸社長は4月15日行われたリニューアルオープン発表会で、「小売業には46兆円の無理・無駄・ムラがあるとみている。リアル店舗のメディア化、モノと人のマッチングの最適化をAIカメラで実現する。機能を人物カウントと商品認識に絞ることで、カメラ1台当たり約1万円とコストを下げ、顔認識機能は採用せず顧客のプライバシーに配慮した」。

「トライアルグループの店舗は、広域からお客様が集まり、地域社会のコミュニティの役割も果たしている。AIカメラで、最適な商品情報を提供、レシートクーポン、店内放送、レジカートも活用し、よりお得に感じてもらえる、強いリアル店舗づくりを進め、売上を伸ばしたい」と述べた。

<商品の欠品などの棚の状況をリアルタイムで把握できる>
商品の欠品などの棚の状況をリアルタイムで把握できる

同店では、10万SKUの商品をそろえている。今回AIカメラでは、飲料を中心に50~100点の商品の状況をリアルタイムで把握する。

松下取締役は、「AIカメラで目的買いでないお客様に、商品をお勧めすることで購買意欲を刺激する。棚の状況を常時データ化することで、欠品補充へのアラートはもちろん、最後の1個になるとお客様は商品に手を伸ばしにくいなど、リアルな顧客データが収集できる。メーカーと協業し、売上を伸ばしたい商品をお勧めするなど精度の高いマーケティングを実現する」。

「今年度中には、カメラを3万台生産し、福岡のトライアルグループのほとんどの店と、他の小売業への外販を目指している」と説明した。

<商品をカメラで認識し、欠品すると担当者にアラートを送る>
商品をカメラで認識し、欠品すると担当者にアラートを送る

AIカメラの分析対象は今夏までに数百点まで増やし、顧客への商品リコメンド以外にも、1階から2階への誘導などにも取り組む。

■メガセンタートライアル新宮店
住所:福岡県糟屋郡新宮町大字原上1812-1
店舗面積:約1万1900m2
取扱商品:生鮮食品、食品、弁当・惣菜、酒、日用品など
営業時間:24時間営業
TEL:092-940-6660

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧