メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

LINE Pay×Visa/「デジタル決済対応カード」提供で提携

LINE Payは6月6日、LINE Pay内でVisaブランドの「デジタル決済対応カード」の申込み・利用を開始すると発表した。

<デジタル決済対応カード>
デジタル決済対応カード

Visaと同日、戦略的包括パートナーシップ提携を結び、その一環として実施するもの。

LINEが抱える、月間1億8700万人という世界中のアクティブユーザーは、「LINE Pay」内からVisaブランドの「デジタル決済対応カード」の申込み・利用が可能になるほか、既存の「Visaカード」を「LINE Pay」に連携してスマートフォン決済に利用することもできる。

ポイント還元などのロイヤリティプログラムや利用特典における協業や、海外旅行の際にVisaのネットワークで「LINE Pay」で支払い可能になるような新機能も提供する予定となっている。

また、加盟店にとって、「LINE Pay」ユーザーが全世界約5400万のVisa加盟店でも「LINE Pay」を使って決済できるようになる。

これにより、店舗側が「LINE Pay」の直接加盟店になっていなくても、Visa加盟店であれば利用でき、決済通知や履歴も「LINE Pay」内で確認できる。

さらに、VisaとLINE Payは、グローバルに相互運用可能な決済ビジネスの継続的な成長の促進をめざし、加盟店向け「LINE Pay」サービスや「LINE Pay」のサービス自体との連携についても協業する。

今後、両社における世界規模の加盟店やユーザーベースを活かした新たなフィンテックサービス、2020年東京オリンピックの共同マーケティングなどを提供していく。

「LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)」は、日本では今年中に導入される。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方