メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

電通/ECモール分析ソリューション、楽天市場・Yahoo!ショッピングに対応

電通デジタルは11月9日、ECモールに特化し成果最大化を支援する分析ソリューション「コマースデュアルファネルビジュアライザー」を提供開始した。

<「コマースデュアルファネルビジュアライザー」の概要>
コマースデュアルファネルビジュアライザー

同分析ソリューションは、ECモール内における多様な顧客行動データを収集・分析し、顧客の認知から興味関心、購入、ロイヤル化までデュアルファネルで網羅的に可視化。各フェーズに応じた現状把握や改善に向けた課題ポイントの抽出をし、企業の事業成果向上に貢献する。

開発には同社のウェブ解析士マスターが監修を行っており、高水準のレポートを提供するという。

第1弾は、楽天市場、Yahoo!ショッピングで対応。今後は他のECモール、ShopifyなどのSaaS(Software as a Service)を活用した自社ECサイト分析、API開発にも対応し、ECプラットフォーム全体を通して企業の特長に沿ったEC販売戦略、分析など、最適な施策を目指す。

<提供レポートの例>
提供レポートの例

昨今、EC市場規模は急速に拡大し続けており、特に大手ECモールをはじめとするプラットフォームへの出店企業の増加が目立っている。一方、多くの企業がプラットフォームごとのデータ分析、改善におけるノウハウ不足、EC運用業務の煩雑さなどから、精緻な検証が実施できていないという課題を抱えているのが現状だ。

「コマースデュアルファネルビジュアライザー」は、各ECモールの管理画面上から取得できる膨大なデータを活用して、競合を含めた検索順位結果や商品単位のレビュー、購買後の既存顧客向けメルマガ施策の効果検証データなど、予め設定した必要情報を抽出し、自動でレポート生成を行う。

CSV、ExcelでダウンロードできないECモール内の検索結果やメルマガの配信結果のような取得が難しいデータも分析・蓄積し、過去比較することができる。ECモール内にオンラインショップを開設していない企業や量販店、卸売業者においても、競合比較で出品商品の露出状況やレビューが確認可能。ECモール内のSEO対策、競合調査を行うことで、売上改善施策として活用することもできる。

同分析ソリューションの活用により、ECモール内における様々なデータを活用した高度なデータ分析ができ、課題抽出から戦略、実行のPDCAが速やかに回せるほか、レポート作成や情報収集に掛かる時間・人的リソースの削減が期待できるという。

■問い合わせ先
電通デジタル
コーポレートコミュニケーション部
担当者:竜野・横田
TEL:03-6217-6036
Email:press@dentsudigital.co.jp

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月02日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方