メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

資さんうどん/全54店舗の動画マニュアル・指示通達「Shopらん」に統合

2021年07月19日IT・システム

ドリーム・アーツはこのほど、資(すけ)さんが運営する「資さんうどん」全54店舗の動画マニュアル、指示通達業務を統合する情報共有プラットフォームとして、多店舗オペレーション改革を支援するクラウドサービス「Shopらん(ショップラン)」を導入したと発表した。

<本部・店舗の業務負担を軽減>
20210719d1 728x300 - 資さんうどん/全54店舗の動画マニュアル・指示通達「Shopらん」に統合

「Shopらん」は、多店舗企業の本部・店舗間コミュニケーションに特化したクラウドサービス。イトーヨーカ堂、すかいらーく、エディオンなど幅広い業種・規模で採用され、導入店舗数約3万9000店・利用人数約53万人(海外含む)となっている。

「Shopらん」は、サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化、コンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現している。

1976年に創業し、北九州のソウルフードとして親しまれている「資さんうどん」は、うどんや丼など100種類以上の豊富なメニューを提供している。北九州市を中心に福岡県、山口県、佐賀県、熊本県、大分県の5県で54店舗(2021年7月1日現在)を運営するうどんチェーン。現在、第二創業を掲げ「北九州の資さん」から「九州の資さん」になることを目指し、九州・中国地方を中心に年間10店舗以上と出店を加速している。4月1日より、資さんうどん全54店舗(2021年7月1日現在)で「Shopらん」の利用を開始した。

これまで資さんにおける本部-店舗間の情報共有では、メール、FAX、動画マニュアル管理サービスなど複数のツールを利用していた。

しかし、これまでのツールでは本部から出した指示通達の既読状況や、実行状況などの進行を把握する機能がなく、店舗に電話して確認するなどの手間が発生していた。また、店舗にはさまざまなツールで情報が届くため、情報整理やタスク管理が煩雑になり、業務の負担になっているほか、タスクの実施漏れも発生している状況だった。

そこで、店舗の情報確認の負担を軽減するため、本部では指示通達を週次で集約して発信するなどの工夫を始めたが、それによって今度は各本部担当者からの指示通達を、通達発信担当者が内容確認後に1つのWordファイルに取りまとめるという作業が発生し、本部側の負担が増えてしまったという。

近年、資さんでは、店舗数や出店エリアの拡大を進めており、そのなかで、現行業務のあり方に限界を覚え、危機を感じてした。そこで、店舗の運営レベルを維持・向上させるための店舗のタスク実行率の改善と、業務負担を軽減させる仕組みづくりを急務とし、本部-店舗間の情報共有ツールを統合する検討を開始した。

そして、本部・店舗の業務負担の軽減、店舗のタスク実行率向上といった理由から「Shopらん」の導入を決定した。

<業務アプリで「ロス食材」を報告>
20210719d2 728x290 - 資さんうどん/全54店舗の動画マニュアル・指示通達「Shopらん」に統合

「Shopらん」活用により、本部は、指示通達の承認機能と一括配信機能により、本部内での取りまとめ作業が不要になる。

店舗側では、「業務の入口」としてすべての業務情報が統合され、複数ツールによる情報分断の解消した。

さらに、本部は、ダッシュボード化された店舗の進行状況をもとに、適切な店舗フォローで確実な実行を促すことが可能。店舗でも、自動整理機能で、今日やるべきタスクが一覧化され実施漏れを防止できる。

「Shopらん」では、本部から店舗への指示通達のほか、業務アプリ機能によって飲食店運営には不可欠な「ロス食材報告」や「売上精算報告」などの業務も実現し、利用を開始している。

単純な「タスク管理」「動画マニュアルの書庫」などの単機能だけでなく、本部-店舗間に求められるベストプラクティスを包括したソリューションとしても評価されたという。

資さんの佐藤崇史代表取締役社長は、「今後、店舗数が増え、展開地域も広がる中で、店舗への業務連絡や実行報告等の効率化は懸案事項でした。また、アフターコロナにおけるお客さまニーズの変化やDXを起点としたビジネスモデルの進化など、以前にも増して現場での対応力・実行力が重要になっています。この度『Shopらん』を導入することで、店舗へ共有する情報の整理が進み、伝達・実行状況も可視化され、現場の自発的な対応力の強化や迅速化につなげることができました」。

また、「メール・電話・SNSなどでバラバラになっていた情報伝達経路を一本化することで、相互での連絡の抜け漏れ・重複等の不要なストレスが解消し、従業員が接客などのサービスにより集中できる環境づくりにも寄与しています」とコメントしている。

■詳細はこちら
https://www.dreamarts.co.jp/news/press-release/pr210715/

■Shopらん
https://shoprun.jp/

■問い合わせ先 
ドリーム・アーツ
住所:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 29階
TEL:03-5475-2502/080-5475-4450
E-mail:pr@dreamarts.co.jp
協創パートナー推進本部 
広報担当:橋本

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方