流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





凸版印刷/ユーザーに合った特売情報を閲覧できる「パーソナルDBチラシ」

2023年05月25日 11:11 / IT・システム

凸版印刷は5月25日、商品をテーマごとにレコメンドできるデジタルチラシ製作サービス「未来のチラシ」に、生活者が「性別」「年代」「好みのカテゴリー」を選択することで、個人に合わせた特売商品がレコメンドされる機能「パーソナルDBチラシ」機能を追加したと発表した。

<「パーソナルDBチラシ」イメージ>
パーソナルDBチラシ
(C)TOPPAN INC.

「未来のチラシ」「パーソナルDBチラシ」機能を、GMS、食品スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどを中心に提供を進め、2025年までに「未来のチラシ」関連で累計10億円の売り上げを目指す。

「未来のチラシ」は、店舗ごとに構築された商品情報データベース上の各商品に、さまざまなキーワードをタグ付けすることで、価格以外の商品の魅力を伝えることができる。

「パーソナルDBチラシ」機能は、商品情報やPOS情報、SNS情報と連携した「未来のチラシ」データ基盤から、生活者が選択した情報を表示することが可能。各店舗が保有している商品の購入者(性別・年代・し好など)情報などを入れることによって、店舗独自の情報発信にも対応する。

生活者が必要な商品単体の検索はもちろん、それに関連したトピックスや商品などをあわせてレコメンドすることによって、単なる商品単体の「モノ訴求」だけではなく、その商品に関連した「コト訴求」を実現する。関連した通常取扱商品を掲載することで、「ついで買い」の誘引を見込む。

<「パーソナルDBチラシ」設定画面>
「パーソナルDBチラシ」設定画面

さらに、商品情報データベースを凸版印刷が構築しているため、その情報から各社・店舗ごとの特売商品を選択して「未来のチラシ」に掲載。「パーソナルDBチラシ」機能を使えるため、スピーディーかつ簡単に特売情報を発信する。

<簡単にチラシコンテンツの制作が可能>
簡単にチラシコンテンツの制作が可能

未来のチラシ利用料は初期費用30万円・月額利用料20万円から。パーソナルDBチラシ利用料は5万円からとなっている。

■凸版印刷の関連記事
凸版印刷/アバター介し複数拠点で遠隔接客できるサービス開始

関連記事

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧