小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート、東京都/高齢者の介護予防に役立つ食生活提案

販促/2019年10月24日

ファミリーマートと東京都は10月29日、「東京をおいしく元気に。」をスローガンに、高齢者が加齢や病気により、心身・生活・社会的の3つの機能が徐々に低下して、要介護状態に近づく「フレイル」の予防に役立つ食生活に関する情報発信を、都内のファミリーマート約2400店で共同で実施する。

<店頭ポスター>
店頭ポスター

各店舗では、専用のショーカードやポスターの設置、リーフレットの配布などを行うとともに、東京都のアドバイスを基に開発した弁当も発売する。

フレイル予防のための食生活では、栄養素の偏りを少なくするために、栄養バランスの良い食事を心がけることが重要となる。とくに、低栄養状態を防ぐためには、たんぱく質を多く含む食品(肉、魚介類、卵、大豆・大豆製品)を毎食とることが大切になる。

<リーフレット表面>
リーフレット表面

10食品群とは、肉、魚介類、卵、牛乳・乳製品、大豆・大豆製品、緑黄色野菜、海藻類、果物、いも、油脂のこと。これらの食品群をまんべんなく食べることで、フレイル予防に役立つたんぱく質やビタミン類の栄養素をとることができる。

<リーフレット中面>
リーフレット中面

ファミリーマートは8月、東京都と「中食を通じた健康づくりの推進に関わる協定書」を締結した。

今回の取り組みは、高齢化に伴う高齢単身世帯の増加等から、お弁当やお惣菜等の中食を購入する割合が増加していることを受けて、低栄養予防のために多様な食品摂取が推奨されていることを踏まえ、高齢者が中食を利用する時にフレイルを予防する多様な食品摂取が可能な食環境を整備するとともに、低栄養を防ぐ食生活について広く普及啓発することを目的としている。

<7品目のビビンバ丼>
7品目のビビンバ丼

取り組みとして、10食品群のうち7食品群が揃ったビビンバ丼を開発し、発売する。主食・主菜・副菜が1つの商品でそろい、栄養バランスも良く、混ぜることで食べやすいお薦めのメニューという。

肉、卵、大豆・大豆製品、緑黄色野菜、海藻類、いも、油を使用した「7品目のビビンバ丼」(本体462円)を10月29日に発売する。3種のナムル(もやし・大根・人参)、ほうれん草、大豆ミートと豚そぼろ炒めなどを、辛味のあるコチュジャンたれで召し上がるビビンバ丼。彩りのよい錦糸卵や蓮根きんぴら(蓮根、こんにゃく)も添えた。別添で「きざみのり」を付けた。

<販促物の一例>
販促物の一例

そのほか、商品に使われている10食品群を表示した販促物を弁当や惣菜コーナーに設置する。商品に含まれる食品が一目でわかるので、食べていない食品が使われているメニューの選択や組み合わせの参考にできる。

■とうきょう健康ステーション
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kensui/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧