流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





イオンマーケット/5年8か月ぶりの出店、団地再生で柏市に「豊四季台店」

2017年12月02日 21:30 / 店舗レポート

農産売場では、オーガニック商品を販売するほか、加工食品やデイリー食品売場では、有機、減塩、低糖質などの商品を提案する。

<柏産地場野菜を訴求>
柏産地場野菜を訴求

毎日生産者から店舗に直送する柏産地場野菜「ろじまる」をコーナー化して、鮮度の良い野菜を提供。

<ドライフルーツコーナー>
ドライフルーツコーナー

ドライフルーツをバイキング形式で販売し、必要な量だけ少量でも購入できる工夫をした。

<花売場では鉢植えも販売>
花売場では鉢植えも販売

店舗入口に配置した花売場では、切り花に加えて、お客の要望に応えた鉢植えの花をそろえた。

<ヘルシー麺コーナー>
ヘルシー麺コーナー

デイリー売場では、減塩、低糖質、食塩無添加などの特徴をもつ商品を集め、ヘルシー麺として提案する。

<三菱食品の食べるをかえる からだシフトをコーナー化>
三菱食品の食べるをかえる からだシフトをコーナー

グロサリーでは、三菱食品が展開する健康に特化した新ブランド「食べるをかえる からだシフト」を訴求する。

レトルトカレー、スープ、ドレッシング、乾麺、レトルト米飯、つゆなど、それぞれのコーナーで、緑の飛び出しPOPを活用して、糖質が少ない商品であることを伝える。

<カップ麺でも低糖質を訴求>
カップ麺でも低糖質を訴求

イオンマーケットの2017年2月期決算は、売上高424億9600万円、経常損失16億2000万円で、店舗閉鎖に伴う特別損失6億4600万円を計上したため、当期損失は20億3600万円となった。

経営改革の一環として、イオンの調達力を活用した生鮮食品の鮮度向上や関西地区の店舗の事業譲渡、店舗オペレーション改革などを行っている。

<銘店の和菓子も訴求>
銘店の和菓子も訴求

2018年2月期第2四半期の既存店実績は、売上高3.4%増、客数3.0%増、買上点数1.9%増、一品単価1.5%現、客単価0.5%増となり、業績は回復傾向にある。

<リカーではニッカウヰスキー柏工場をPR>
リカーではニッカウヰスキー柏工場をP

現在は、既存店のテコ入れを中心に、鮮度向上や店舗オペレーションの改善を優先する段階で、今後の新規出店の予定はない。

<レジ前には銘店コーナーを設置>
レジ前には銘店コーナーを設置

豊四季台店の駐車台数は19台と少ないが、2018年6月下旬には、店舗正面の旧店舗を解体した跡地を駐車場に一新し、駐車台数を103台に拡大する予定だ。

<店舗前の旧店舗跡地に駐車場を設置する予定>
店舗前の旧店舗跡地に駐車場を設置する予定

駐車場を増設することで、団地内の住民だけでなく、店舗周辺の車を持つファミリー層の来客を促し、さらなる収益拡大を目指したいという。

店舗概要
所在地:千葉県柏市豊四季台4-1-20
TEL:04-7147-8471
営業時間:8時~21時45分
敷地面積:4994m2
延床面積:2882m2
直営売場面積:1430m2
直営バックヤード:641m2
その他(共有面積):89m2
テナント:722m2(クリエイト)
駐車台数:19台
従業員数:57人

<前へ 1 2 3

関連記事

関連カテゴリー

店舗レポート 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧