小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ヴィーナスフォート/ファミリー向け食とコト消費を強化した商業施設へ

森ビルは3月17日、お台場の商業施設「ヴィーナスフォート」の店舗数約3割、面積約4割となる大規模リニューアルを実施する。

ハイクオリティ&カジュアル、居心地のよさをキーワードに、30~40代のニューファミリーをターゲットにした、食とコト消費の店舗を拡充した。

<フードコートを全面リニューアル>
フードコートを全面リニューアル

森ビルのヴィーナスフォート館長・松永淳氏は、「周辺にタワーマンションなどが増えており、10万人規模のニューファミリーが居住すると予想される。彼らのニーズをとらえ、ゆったり過ごせるバラエティ豊かな飲食店、子ども向けのレジャー施設、知育玩具の店、英語教育を行う学童保育といった体験型の店を増やした」。

また、「アウトレットも新店がオープン。現在3割近いインバウンド需要にも対応する。開館当時は女性のためのテーマパークだったが、ニューファミリー、3世代消費、ペット需要などさまざまな家族のニーズに応える商業施設に刷新する」としている。

バリエーションに富んだ飲食店を導入、レストランとカフェを充実させており、3階のフードコートを「FOOD COURT VENUSFORT KITCHEN」として全面リニューアル。

<格之進ハンバーグ>
格之進ハンバーグ

既存4店舗の改装とともに、新規店舗として、門崎熟成肉を使用した「格之進ハンバーグ」、フードコート初出店で、築地市場仲卸の新業態・海鮮丼専門店「築地魚河岸 鮪どんや」、「博多ラーメン 鉄馬」が登場する。

<築地魚河岸 鮪どんや>
築地魚河岸 鮪どんや

フードコートの座席は、初めてボックス席を導入した。テーブルは通常より約5㎝低くなっており、子どもでも使いやすい高さになっている。

<GRILL&BAR うしすけ>
GRILL&BAR うしすけ

1階には、犬と食事ができる「GRILL&BAR うしすけ」が出店する。焼肉レストラン「うしすけ」などを手掛けるアップストリームの新業態で、約150m2の広々とした店内は、犬を乗せたカートが通れる動線を確保した。リード・フックも36か所用意している。

<Tボーングリル>
Tボーングリル

骨付きアンガス牛や鶏肉のグリルが楽しめ、アルコールメニューも充実している。

<犬専用の食事も>
犬専用の食事も

犬専用の食事もそろう。平均客単価4000~5000円(税抜)。犬メニュー700~1200円。

<北海道海鮮市場寿司 とっぴ~>
北海道海鮮市場寿司 とっぴ~

北海道を中心に飲食店を経営するHIRホールディングスの関東初出店「北海道海鮮市場寿司 とっぴ~」は、回転寿司ながら、目の前で寿司職人が寿司を握ってくれるカウンター席も設けられている。

<目の前で寿司職人が寿司を握ってくれるカウンター席>
目の前で寿司職人が寿司を握ってくれるカウンター席

ファミリー向けに6人掛けのボックス席も用意されており、ゆっくり回転寿司を楽しめる。新鮮な魚介や、北海道の刺身用チーズを使った一皿など一貫120~680円。

<ファミリー向けに6人掛けのボックス席>
ファミリー向けに6人掛けのボックス席

<メガタピオカミルクティー>
メガタピオカミルクティー

2階は、新たに台湾発のタピオカミルクティーの店「春水堂」がオープン。30種類以上のお茶系ドリンクがそろい、タピオカミルクティーは500円~。食事もめん類など800円~で用意している。オープン記念として、通常の2倍量のジョッキ入り「メガタピオカミルクティー」を発売する。

<パンケーキだけでなく食事メニューも充実>
パンケーキだけでなく食事メニューも充実

「湘南パンケーキ」の旗艦店も出店。ジャパニーズスタイルのパンケーキをそろえた。神奈川県産など日本産の食材にこだわった。パンケーキだけでなく、サラダ・バー、カレー、グルメサンドなどをそろえ、女性客だけでなく男性も楽しめるファミリー向け店舗となっている。初のサラダ・バーも導入した。

<サラダ・バーも導入>
サラダ・バーも導入

<「湘南パンケーキ」の旗艦店>
「湘南パンケーキ」の旗艦店

次>> 親子向け体験型屋内パーク刷新、英語教育の学童保育も

次へ> 1 2

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧