小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ららぽーと沼津/売上目標320億円「新業態18店」含む217店オープン

三井不動産は10月4日、静岡県沼津市に「三井ショッピングパーク ららぽーと沼津」をオープンする。10月2日マスコミ向け内覧会を開催した。

<ららぽーと沼津>
ららぽーと沼津

全国の人気店や地元の名店など、静岡県初46店、静岡県東部初出店119店、SC初15店、新業態18店を含む全217店がそろい、ららぽーとシリーズ5番目の規模となる。

メインターゲットを30~40代子育て中のニューファミリー、サブターゲットを20~30代ヤングカップルとし、年間売上約320億円を目標とした。

施設コンセプトは「LIVE MALL NUMAZU」。ショッピング、食事など新たなモノ・コト・ヒトとの出会い、交流で、ライブやコンサートのように高揚感を味わえる施設を目指す。地元沼津で100年の歴史を持つ「佐政水産」の運営するフードホール「Mercado DE SAMASA(メルカドサマサ)」、ららぽーとシリーズ最大規模の1100席のフードコート、感度の高いアパレルブランドなどをそろえた。

<メルカドサマサ>
メルカドサマサ

また、メインターゲットを子育て世代としているため、フードコートに小上がり席、小さな子供連れで休憩しやすい無料屋内キッズスペース、アカチャンホンポ、大型アミューズメント施設「コロナワールド」にも無料キッズスペースを導入している。

<広川義浩常務>
広川義浩常務

10月2日行われた記者会見で商業施設本部副本部長の広川義浩常務は、「静岡で磐田に続く2番目、全国で15番目のららぽーととなり、食、アパレル、アミューズメントなど217店をそろえた。ECの&モールとも連携し、オムニチャネル化も推進する」とあいさつ。

<篠塚寛之リージョナル事業部長>
篠塚寛之

商業施設本部の篠塚寛之リージョナル事業部長は、「静岡県は車社会なので商圏30㎞内、約120万人をターゲットに設定。30㎞圏内には3人以上の世帯が4割を占め、世帯収入も高く、昼間人口は107.03%と多い。足元10㎞圏内には大型商業施設がないため、有望なエリアだと考えている」。

<sanwa>
sanwa

「家族で楽しめるイベントである食関連を充実させた。ラゾーナ川崎で人気のスーパーsanwaも静岡初出店する。ワークマンプラスなど119店の静岡東部初出店がオープン、沼津のモノ、コトを発信する沼津コートも設置。デイリーユースに加え、観光客にも立ち寄っていただける食、シネコン、アミューズメント、各種イベントなど子育て世帯だけでなく、全世代で楽しめる構成になっている」としている。

<NUMAZU GRAND DINING>
NUMAZU GRAND DINING

ライブ感のある豊かな食体験を提供する、3階に約1100席のららぽーと最大級のフードコート「NUMAZU GRAND DINING」を設置。行列の絶えないラーメン店「らぁ麺屋 飯田商店」が「湯河原 飯田商店」の新業態でショッピングセンター(SC)に初出店する。「いきなり!ステーキ」「リンガーハット」「一風堂エクスプレス」などファミリーユースの店舗もそろう。

<巨大な水槽も>
巨大な水槽も

1階の「メルカドサマサ」は、シンボルとなる巨大な水槽を設置。佐政水産の新鮮な魚介類に加え、野菜、日本茶、畜産の店をそろえた。200席以上の飲食スペース、市場とフードホール、イタリアンレストランが複合した体験型マルシェとして、楽しい食体験を提供する。

各階には、「スターバックスコーヒー」、「タリーズコーヒー」、「コメダ珈琲店」、「ゴディバ」、台湾タピオカミルクティーの「ゴンチャ」などカフェを設け、買物の途中に一休みできるように設置した。

<ワークマンプラス>
ワークマンプラス

アパレルでは、3階に静岡県東部初出店となる話題の「ワークマンプラス」、2階に「アルペンアウトドアーズ」「スーパースポーツゼビオ」を誘致し、アスレジャーなど日常とスポーツシーンともに楽しめるアパレル、雑貨をラインアップした。

<JOURNAL STANDARD relume>
JOURNAL STANDARD relume

また、「ユニクロ」、「GU」、静岡県東部初出店となる「JOURNAL STANDARD relume」などもオープンする。

<シネマサンシャイン>
シネマサンシャイン

生活(LIVE)をより豊かで快適にするショップとして、シネマコンプレックス「シネマサンシャイン」とボウリング・ゲームセンターを備えた大型アミューズメント「コロナワールド」が入居する。みんなが安心して遊べる無料の屋内キッズスペース「こもりらのもり」や赤ちゃんと一緒に過ごす家族の居場所「こにわハウス」を配置し、子ども連れでも買物を楽しめる。

<沼津コート>
沼津コート

モノ・コト・人の新たな出会い、交流の場として、「沼津コート」を開設した。ららぽーとでしか体験できないコミュニティスペースとして、高感度な雑貨、食品をなどを編集し、販売する。「コミュニケーター」と呼ばれるスタッフが常駐し、単なる物販にとどまらないふれあい、イベント開催など情報発信を行う。

■ららぽーと沼津
所在地:静岡県沼津市東椎路字東荒301-3他
敷地面積:約11万9816m2
構造規模:店舗棟 鉄骨造地上4階建(1~3階:店舗、4階:屋上駐車場)
立体駐車場棟:鉄骨造地上5階建3棟
延床面積:約16万5000m2※立体駐車場棟含む
店舗面積:約6万4000m2
店舗数:217店
駐車台数:約3600台
交通:JR東海道線「沼津駅」約2.5km
JR東海道線「片浜駅」約2.0km
営業時間:物販・サービス・フードコート10時~21時、レストラン11時~22時
https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/numazu/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧