流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





東京地区百貨店/1月の売上0.2%増の1392億円

2016年02月19日 15:30 / 月次

日本百貨店協会が発表した1月の東京地区百貨店(13社25店)の売上高概況によると、売上高は約1392億円(前年同期比0.2%増)で、10か月連続でプラスとなった。

売上高構成比の91.4%を占める店頭売上高は0.2%増、同8.6%の非店頭は0.4%減。

正月休暇の1日減や、中旬の大雪の影響もあり入店客数は0.6%減で推移したものの、総額では売上高は前年を超えた。

衣料品・身のまわり品・雑貨・家庭用品・食料品の主要5品目は、身のまわり品と雑貨が10か月連続、食料品が5か月連続、家庭用品が2か月連続のプラスとなった。衣料品は3か月連続のマイナスとなった。

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧