メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファストフード/10月の既存店売上高、マクドナルドのみ増加

2017年11月30日月次

ファストフード3社が発表した10月の月次営業情報によると、既存店売上高は日本マクドナルドのみ8.2%の増加、ケンタッキー・フライド・チキンは3.7%減、モスフードサービスでは0.7%減となった。

<マクドナルドの店舗>
マクドナルドの店舗

■日本マクドナルド(2016年12月期:2266億円)
既存店の売上高8.2%増、客数4.0%増、客単価4.0%増。

全店売上高7.9%増。

10月は、既存店売上高が対前年同月比8.2%の増加となり、23か月連続の対前年同月比プラス。秋の風物詩「月見バーガー」シリーズに新商品となる「月食バーガー」を販売。

サイドメニューでは人気の定番商品「ベーコンポテトパイ」を頬張った時のおいしさやあたたかさを表現した「ヘーホンホヘホハイ」という新しい商品名で販売し、大きな話題となった。

スイーツブランドの「By McSWEETS」より「シナモンメルツ」を7年ぶりに販売し好評を得た。

■日本ケンタッキー・フライド・チキン(2017年3月期:売上高880億円)
直営既存店の売上高3.7%減、客数6.2%減、客単価2.6%増。

全店1店当り平均売上高4.0%減。

■モスフードサービス(2017年3月期:売上高709億円)
既存店の売上高0.7%減、客数2.9%減、客単価2.3%増。

全店売上高0.9%減。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方