流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ファストフード/7月マック1.0%増、ケンタ27.3%増、モス6.6%増

2020年08月26日 14:45 / 月次

ファストフード3社が発表した7月の月次営業情報によると、既存店売上高は日本マクドナルド1.0%増、ケンタッキーフライドチキン27.3%増、モスフードサービス6.6%増となった。

■日本マクドナルド(2019年12月期:2817億円)
既存店売上高1.0%増、客数13.2%減、客単価16.4%増となった。

全店売上高は1.4%増だった。

世界のマクドナルドから「肉らしいほどうまい」をテーマにビーフバーガー、「マイティビーフオリジナル」「ベーコンラバーズ」「スモーキーバーベキュー」「かるびマック」を販売した。

人気のサイドメニュー「チキンマックナゲット 15ピース」とマックシェイクの定番である「マックシェイクバニラ」「同ストロベリー」「同チョコレート」の3商品を特別価格で提供した。

イルミネーション社のキャラクター「ミニオンズ」とコラボレーションした「マックシェイクバナナ味」、「ワッフルコーンチョコバナナ」、そしてハッピーセット「ミニオンズ」を販売した。

■ケンタッキーフライドチキン(2020年3月期:売上高796億円)
直営既存店の売上高27.3%増、客数13.3%増、客単価12.3%増

全店売上高26.0%増

■モスフードサービス(2020年3月期:売上高689億円)
既存店売上高6.6%増、客数9.2%減、客単価16.1%増

全店売上高4.8%増

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧