メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

大手百貨店/2月売上高減少幅が縮小、ラグジュアリー消費が好調

2021年03月01日月次

三越伊勢丹ホールディングス、J.フロントリテイリング、エイチ・ツー・オーリテイリング、高島屋、そごう・西武は3月1日、2月の売上速報を発表した。

三越伊勢丹7.2%減、J.フロントリテイリング(大丸松坂屋百貨店)8.3%減、エイチ・ツー・オー(阪急阪神百貨店)11.6%減、高島屋5.6%減、そごう・西武11.0%減だった。

昨年2月から新型コロナウイルス感染症の業績への影響が生じていたため、今年2月のマイナス幅は縮小している。

富裕層の購買意欲が高く、高級絵画、宝飾・時計、ラグジュアリーブランドなどの高額消費が好調だった。

■三越伊勢丹HD(2020年3月期売上高:1兆1191億円)
伊勢丹新宿本店店頭前年同月比4.5%減、三越日本橋本店店頭2.1%減、三越銀座店18.5%減などで、三越伊勢丹既存店計7.2%減だった。

札幌丸井三越8.0%減、函館丸井今井8.6%減、新潟三越伊勢丹27.1%減、松山三越77.7%減など、国内グループ百貨店既存店計は9.0%減となり、国内百貨店既存店計は8.0%減となっている。

国内百貨店(既存店舗)の売上は、前年2月の新型コロナウイルス感染拡大影響の反動の他、首都圏や一部地域の店舗において営業時間を短縮しながらも、前年比10%減を超える水準まで回復した。来店客数の前年比も全店にて、1月よりも伸長した。

伊勢丹新宿本店と三越日本橋本店では、ロイヤリティの高い顧客を中心に、宝飾・時計、ラグジュアリーブランドなどへの購買意欲が高く、客単価は前年比2桁増。また家の中で過ごす時間を充実させたいニーズを受けて、リビング・ダイニング家具やキッチン雑貨が好調に推移した。

オンライン売上は前年比約1.5倍で、特に和洋酒、バレンタイン、英国展などの食品関連の企画が好評だったという。

免税売上は、引き続き低調に推移している

■J.フロントリテイリング(2020年2月期売上高:1兆1336億円)
大丸松坂屋百貨店の売上高は前年同月比8.3%減、博多大丸、高知大丸を含めた百貨店事業の合計売上高は10.7%減だった。

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の期間延長に伴い、外出自粛が継続したことで入店客数が伸び悩んだほか、前年の閏年に起因した営業日数、休日日数1日減の影響を受けた。

一方で、高級絵画やラグジュアリーブランドなどの高額消費が好調であった。

大丸松坂屋百貨店合計の免税売上高(速報値)は対前年70%減(客数96%減、客単価同718%増)となっている。

2月度の大丸松坂屋百貨店合計の国内売上高(免税売上高の本年・前年実績を除く)は対前年5.7%減。

■H2O(2020年3月期売上高:8972億円)
百貨店事業の全社計の売上高は前年同月比11.6%減となった。内訳は阪急本店7.2%減、阪神梅田本店33.1%減、支店計11.1%減。

10都府県の緊急事態宣言が3月7日まで1カ月間の延長となった(首都圏を除く6府県は前倒しで2月末解除)。

それに伴い、来店客数の減少は依然継続。ただ、節分、バレンタインなどモチベーション商戦の来店、2月以降大阪での新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向に転じたこともあり、若年層、ファミリーを中心に、来店客数は1月よりやや回復した。

前年は、新型コロナウイルス感染による影響が出始めていたものの、売上高前年比は12%減と1月より基調改善。インバウンドを除く国内売上高は10%減(前々年比17%減)と復調の兆しが出ているという。

都心店(前年比13%減)・郊外店(6%減)の売上は、1月と比較して都心店におけるマイナス幅の縮小が顕著だった。

インバウンドについては、新型コロナウイルスの影響を受け始めた前年に比べ、売上高は約6割減となっている。

外出自粛の中、ECは売上高前年比約2.3倍と高伸傾向が続く。リモートショッピングサービス「Remo Order」は、既利用客による取引先ホームページ掲載商品の指名買いも増え、購買チャネルとしての利便性の認知度が高まりつつある。

また、店舗、カテゴリーごとの送料無料キャンペーン、店頭商品を紹介する「WEBカタログ」のSNS配信など、さらなる認知度向上への積極的な取り組みが奏功し、新たな利用顧客拡大にも寄与した。

阪神梅田本店では9日から、建て替え工事に伴う地下1階の売場閉鎖がさらに拡大し、食品売場面積が約2割減となり、入口もさらに2カ所が閉鎖状況。ただし、これまで減少が続いた年配層の来店は少しずつ戻ってきている。

阪急本店は、前年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け始めたため、前々年と比較すると、まだ婦人ファッションは厳しい状況。ただ、外出自粛疲れの反動や旅行消費の代替などで、来店客の購買意欲は高いという。

特に富裕層の購買意欲は高く、ラグジュアリーを中心に春夏の新作の動きが良かった。加えてリニューアル1周年フェア効果により時計売場も好調だった。

100万円以上の高額品の売上高 については、前年だけでなく、前々年の売上高も上回った。

以上の結果、国内売上高前年比は5%減(前々年対比15%減)と改善傾向にある。

バレンタインチョコレートトの売上は約22億5000万円と、過去最高だった前年に対して8%減で、コロナ禍において善戦。特に期間の早期化など取り組みを強化し展開したECが前年の4.3倍(シェア12%)と高伸。店頭では、インスタグラムなどSNSによる情報発信に対する反響が大きく、来店増に繋がる。特設会場の密回避の観点から、各フロアのイベントスペースも活用し、初めて全館で開催したことにより、他カテゴリーの売場への回遊効果も高まった。

■高島屋(2020年2月期売上高:9190億円)
高島屋各店の既存店計売上高は前年同月比5.6%減、岡山高島屋、岐阜高島屋、高崎高島屋を含めた各店・および国内百貨店子会社の既存店計は5.5%減となった。

2月度の店頭売上は、緊急事態宣言発出に伴う外出自粛の傾向が継続しており、一部店舗で営業時間を短縮していることに加え、前年がうるう年で本年の営業日数が1日少なかったことなどから、前年実績を下回った。

なお、2020年2月には新型コロナウイルス感染拡大の影響が発生していたため、マイナス幅は縮小した。

免税売上は前年比46.9%減、免税を除いた店頭売上は同6.0%減(既存店計4.1%減)となっている。

店舗別売上は、全店が前年実績を下回っている。

商品別売上(同社分類による15店舗ベース)は、特選衣料雑貨・宝飾品・サービス営業が前年実績を上回った。

■そごう・西武(2020年2月期売上高:6001億円)
そごう・西武11店の売上高は前年同月比11.0%減、西武池袋本店は14.9%減となった。

「新型コロナウィルス感染症緊急事態宣言」の延長を受け、対象都県店舗を中心に9店舗で営業時間を短縮。月後半には売上客数ともに徐々に回復するも、前年を下回る営業結果となった。

外出機会の減少から、衣料品や婦人雑貨は売上前比約15%減となっている。

一方、高級雑貨やプレステージブランドは前年売上を確保した。巣ごもり需要を捉えたインテリアもほぼ前年並みまで売上を戻した。

免税売上は前年の約50%減、客数は前年の約90%減だった。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月15日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方