メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本百貨店協会/6月売上は4カ月ぶり前年割れで1.6%減

2021年07月26日月次

関連キーワード:

日本百貨店協会が7月26日に発表した6月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象73社・191店)の売上総額は約3715億円(前年同月比1.6%減)だった。

6月の売上高は1.6%減と4カ月ぶりにマイナスに転じた。緊急事態宣言対象地区店舗の土日休業や時短営業などに加え、外出自粛による集客減が響いた。下旬の休業要請解除により回復傾向も見られたが、入店客数(5.0%減)、売上ともに前年には届かなかった。

顧客別では、国内市場は2.1%減(4カ月ぶり/シェア98.8%)、インバウンドは68.1%増(4カ月連続/シェア1.2%)となった。ただ、インバウンドは前々年比では84.0%減と苦境が続いている。

地区別では、前年をクリアした5都市(東京、大阪、京都、神戸、福岡)を含む大都市は0.4%増(10都市/4カ月連続)となった。一方、10都市以外の地方は4カ月ぶりに6.5%減となり、大都市と地方の差は前月より3.6ポイント拡大した。

商品別では、主要5品目のうち、身のまわり品(0.6%増)、雑貨(3.7%増)、食料品(3.3%増)の3品目で前年実績を上回った。特に、富裕層を中心に高額消費は活発で、ラグジュアリーブランドや、高級時計、美術宝飾品など高額品(美・宝・貴/25.8%増)は増勢が続いている。また、巣ごもり需要から、和洋中惣菜、和洋菓子、ワインなど酒類のほか、家電、高級家具などリビングアイテムも好調だった。

コロナ禍にあってEC売上は引き続き高伸しており、中元商戦や父の日などのギフトにおいても、そのシェアは一層拡大している。各社では、デジタル技術を活用した店頭とWEBの融合策や他業種との協業など、業績回復に向けた新たな取り組みを積極的に展開している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年09月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方