メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ショッピングセンター/8月既存SC売上11.6%減、2019年比28.3%減

2021年09月24日月次

日本ショッピングセンター協会が9月24日に発表した8月のショッピングセンター(SC)販売状況によると、既存SCの売上高は前年同月比11.6%減となった。

<既存SC売上高伸長率の推移>
20210924sc 728x362 - ショッピングセンター/8月既存SC売上11.6%減、2019年比28.3%減

8月の既存SC売上高の前年同月比伸長率は11.6%減となった。7月はプラスに転じた(前年同月比1.1%増)ものの、今月は再び2桁マイナスになる厳しい結果となった。

2019年比でも28.3%減(7月16.3%減)となり、前月よりマイナス幅が拡大している。

新型コロナウイルス「デルタ株」による感染急拡大は、7月31日に全国の新規陽性者数の過去最高を記録し、8月に入ってからも拡大に歯止めがかからず、お盆を控えた8月8日には19都道府県で緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が発出される状況となった(27日からは33都道府県に拡大)。

これにより、観光客や帰省客が大幅に減少したこと、営業時間短縮に加え感染防止策として入館制限が求められたこともSCの営業に大きな影響を与えた。

また、オリンピック・パラリンピックが無観客開催となったことや九州北部地方、中国地方を中心に広範囲で記録的な大雨となったことも来館者減少の要因となったという。

テナント(12.8%減)とキーテナント(7.3%減)の差異は5.5ポイントで、前月の0.5ポイントから拡大した。

日本ショッピングセンター協会は、その要因として、「テナントは緊急事態宣言の対象拡大により、時短営業、酒類提供禁止の要請を受けた飲食がさらに苦戦。外出自粛による購買モチベーションの低下が顕著になったファッションの不振が目立った」と分析している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方