メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ラーメン・カレー・定食/10月既存店売上丸亀製麺2.4%増、王将フード1.9%増

2021年11月30日月次

関連キーワード:

ラーメン・カレー・定食8社が発表した10月の月次営業情報によると、既存店売上高は丸亀製麺2.4%増、王将フードサービス1.9%増、リンガーハット0.5%増、ハイデイ日高18.4%減、幸楽苑5.9%減、いきなりステーキ15.7%減、壱番屋4.5%減、大戸屋3.0%減だった。

■トリドールホールディングス(2021年3月期:売上高1347億円)
全業態既存店売上高1.9%増、客数2.0%増、客単価0.1%減。
全店の売上高3.9%増。

うち丸亀製麺は売上高2.4%増、客数2.2%増、客単価0.2%増。

10月は出店0、閉店5、丸亀製麺店舗数840店、全店店舗数1035店。

■王将フードサービス(2021年3月期:806億円)
既存店の売上高64億4800万円(1.9%増)、客数604万6000人(2.3%減)、客単価1066円(4.2%増)。

全店の売上高66億3300万円(3.0%増)、客数621万5000人(1.1%減)、客単価1067円(4.2%増)。

10月は出店3、閉店2店、10月末店舗数733店舗。

10月度は都市部において引き続き一定期間時短営業を強いられたが、こうした中でも直営全店売上高は66億33百万円(前年同月比103.0%)、既存店売上高は64億47百万円(前年同月比101.9%)と、同月比で過去最高売上高を更新した前年同月をさらに上回り、当期において最高の売上を達成した(新型コロナウイルス感染症の影響のなかった前々年同月と比較すると、直営全店で5.5%増)。

その要因は、テークアウト・デリバリーの売上が前年同月比37.4%増と当期における好調を維持した上に、店内での売上も8月、9月と比べて約10億円回復したことだという。

デリバリーサービス実施店舗は、直営店舗だけで昨年10月の332店舗から521店舗に拡大している。

■リンガーハット(2021年2月期:340億円)
既存店売上高0.5%増、客数7.8%減、客単価8.9%増。

うちリンガーハットは売上高0.6%減、客数9.2%減、客単価9.5%増。

浜かつは売上高4.4%増、客数1.0%増、客単価3.3%増。

全店売上高8.3%減、客数15.8%減、客単価9.0%増。

10月は出店0、退店3、期末店舗数はリンガーハット600、浜かつ85、その他5、合計690店。

■ハイデイ日高(2021年2月期:295億円)
既存店売上高18.4%減、客数17.0%減、客単価1.8%減。

全店売上高15.8%減、客数14.7%減、客単価1.2%減。
全店売上高の2020年2月期10月度との比較は、26.9%減。

出店3、退店0店、店舗数449店。

■幸楽苑(2021年3月期:売上高265億円)
既存店売上高5.9%減、客数5.0%減、客単価1.0%減、店舗数432店。

全店売上高8.9%減、客数7.3%減、客単価1.8%減、店舗数432店。

10月度は、9月末に緊急事態宣言が解除されたことを受け、売上高・客数が徐々に回復し、客数は前期比5.0%減で着地、コロナ禍の影響を受けて以来初めて「前々期」を上回った。

■ペッパーフードサービス(2020年12月期:売上高310億円)
いきなり!ステーキの既存店売上高15.7%減、客数17.2%減、客単価1.8%増。
全店売上高30.0%減、客数31.1%減、客単価1.7%増、国内店舗数235店。

レストラン事業の既存店売上高15.1%減、客数20.6%減、客単価6.9%増。
全店売上高14.1%減、客数17.5%減、客単価4.1%増。

10月8日~31日、いきなり!ステーキの一部店舗にて「トッピングステーキ」の販売を実施した(ワイルドステーキ100g税込495円、リブロースステーキ100g780円、ヒレステーキ100g980円)。

10月20日より、いきなり!キッチンカーの新メニューとして、ハンバーグメニューの販売を開始した(いきなり!サーロインステーキ&ハンバーグ弁当1050円、いきなり!カレーハンバーグ重800円)。

■壱番屋(2021年2月期:売上高442億円)
既存店売上高4.5%減、客数5.9%減、客単価1.5%増。

全店売上高5.5%減、出店3、退店2、店舗数1463店。

客数は、9月末で緊急事態宣言が解除されて以降、徐々に回復しているものの、都市部を中心に10月下旬まで継続された店舗への時短要請の影響が残ったことから、5.9%減となった。

客単価は、ウーバーイーツや出前館といった配達代行が伸びたことにより、1.5%増となっている。

■大戸屋(2021年3月期:161億円)
既存店売上高3.0%減、客数2.6%減、客単価0.4%減、店舗数303店(FC店179店)。

全店売上高21億2574万円(3.8%減)、店舗数313店(FC店183店)。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方