メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

リテールDX/カインズ、KDDI、JR東日本スタートアップ登壇2月21日無料開催

2021年01月26日セミナー

マイナビは2月12日、リテールガイド×マイナビニュース共催セミナー「リテールDX 2021」を開催する。

<デジタル経営、無人AI決済店舗など解説>
20210126mynabi 728x260 - リテールDX/カインズ、KDDI、JR東日本スタートアップ登壇2月21日無料開催

O2Oに始まり、無人レジやウォークスルー決済、来店客の動線把握など、DXの浸透が著しい小売・流通業界。従前の店舗には売上データしかなく、好不調の要因は責任者の勘と経験でしか割り出せなかったが、そうした状況も急速に変わりつつある。

誰の目にも明らかな変革期を迎え、業界のリーダー達は今、どのような戦略を描いているのだろうか。今回のセミナーでは、先進的な考えを持つカインズの高家正行社長を招き、同社の取組事例を紹介。近未来の小売・流通業界について語る基調講演を企画した。

企画・集客のパートナーに、買物情報サービス「トクバイ」で1000社超の小売・流通企業を抱えるロコガイドの業界情報サイト「リテールガイド」を迎え、業界関係者にとって内容の濃い講演を行う。

■開催概要
開催日:2021年2月12日(金)13:30
定員:定員なし
申込締切日:2021年2月10日(水)15:00
参加費:無料
主催:マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局
共催:ロコガイド
協賛:KDDI、Snowflake、OutSystemsジャパン
協力:ネクプロ(オンラインWebセミナー 配信協力)

■詳細・申込はこちら
https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/444

■プログラム
13:30~14:10
基調講演
デジタル投資するカインズ、変革を支える経営の秘訣
登壇者
カインズ
代表取締役社長
高家 正行氏
慶應義塾大学経済学部を卒業後、三井銀行(現:三井住友銀行)に入行。1999年にA.T.カーニーに入社。2004年にミスミ(現:ミスミグループ本社)に入社し、2008年に同社代表取締役社長に就任、2013年まで務める。2016年にカインズの取締役に就任。取締役副社長を経て、2019年から現職。

ロコガイド
リテールガイド編集長・リテール総合研究所 代表取締役
竹下 浩一郎氏
中央大学文学部卒業、商業界入社。 経営専門誌『食品商業』『販売革新』編集部を経て2014年11月『食品商業』編集長。 20年5月ロコガイド入社。2020年10月にリテール総合研究所 代表取締役に就任。一貫して小売業および周辺を取材。ファイナンス修士(専門職)(中央大学) 
 
14:20~14:50
OutSystemsジャパン

15:00~15:30
ニューノーマルにおけるストアマーケティングとは!
KDDI×Supershipが考える店舗ソリューション

登壇者
山本 隆広氏
KDDI
サービス統括本部 パートナービジネス開発部長
モバイルインターネット事業における認証・課金PFの企画開発やスマートフォン向け商品サービスの企画、開発を経て、2015年からKDDI、auのデータを利活用推進を担当。2020年から現職に就き、データを活用した企業とのアライアンスを推進。

講演サマリー
Withコロナ時代の店舗運営には、感染拡大を防ぎ、かつ売上拡大に向けた集客への対応やリピーター獲得が必要となっている。KDDIグループではそのような店舗の課題に対して、IoTソリューションを提供する。

15:40~16:10
「データの共有」が導く、小売業におけるビジネス変革
登壇者
浅野 翔太氏
Snowflake
アカウントエグゼクティブ

講演サマリー
シームレスでオムニチャネルな体験を提供し、継続的なロイヤルティとエンゲージメントを育成しようとする小売業者や消費財メーカーにとって、カスタマイズされた優れた方法で顧客とつながることは非常に重要だ。

しかし、パーソナライズされたマーケティング体験を提供することは、大きな投資や専門の部門を設立を必要とし、従来中小企業には難しい施策だった。そのような中、競争力の高い先進的なグローバルの小売業や消費財メーカーは「データ」という経営資源を中心に据え、その価値を活かすためのデータ戦略を実現することで、優位性を構築している。

そのためには、単一のプラットフォーム上で自社データを活用するすることにとどまらず、サプライチェーン全体さらには業界内外におけるデータサービスについて、知見と実行手段をを得る必要がある。先進的な企業は、それらの戦略をsnowflakeでどう実現しているのか?リアルタイムのマーケティング分析を加速し、次世代のマーケティング実行でビジネスを推進するために不可欠な「データシェアリング」「データクラウド」について、昨今のビジネスにおけるデータ課題をもとに紐解く。

16:20~17:20
特別対談
無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」から見えた未来の店の形とは?
登壇者
TOUCH TO GO
代表取締役社長・JR東日本スタートアップ
マネージャー
阿久津 智紀氏

2004年JR東日本へ入社。2017年にベンチャー企業とのアクセラレーションプログラム「JR東日本スタートアッププログラム」を立ち上げ、2018年2月にJR東日本100%出資のコーポレートベンチャーキャピタル「JR東日本スタートアップ」の設立を担当。現在、出資業務とプログラムの運営を担当。2019年7月にサインポストとのJV TOUCH TO GOの代表として会社設立し、2020年3月に高輪GWで無人AI決済店舗を開業、現在、省人化のシステムソリューションの開発を行っている。

ロコガイド
リテールガイド編集長・リテール総合研究所代表取締役
竹下 浩一郎氏

■問い合わせ先
マイナビ ニュースメディア事業部
マイナビニュースセミナー運営事務局
mj-event@mynavi.jp

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年08月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方