メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

2022年物流業界時流予測/海上運賃の高騰、トラック運賃相場など解説

2021年12月17日セミナー

関連キーワード:

船井総研ロジは2022年1月20日、「2022年物流業界時流予測~国内もグローバルも物流は失敗出来ない1年となる!~」を開催する。

<海上運賃の高騰、トラック運賃相場など今後の物流課題を解説>
20211217funai 728x388 - 2022年物流業界時流予測/海上運賃の高騰、トラック運賃相場など解説

2021年の振り返りと2022年以降もつづく物流課題への対策を解説。「海上運賃の高騰、コンテナ不足による輸出入への影響」「3度に亘る緊急事態宣言発令による経済の停滞」「2024年問題への対策準備」などを取り上げる。また、毎年恒例の「2022年トラック運賃相場を大胆予想」も公表する。

これら時流予測を踏まえたうえで、「自社における課題は何か?」「課題解決のために取り組むべきことは何か?」「5年後を見据えたうえで、準備・実行すべきことは何か?」など整理し、自社の物流戦略への落とし込みと物流部がやるべきことを講座内で説明する予定だ。

2022年1月20日はセミナー会場での開催、2022年1月27日~2月10日録画視聴も用意している。

■開催概要
会場参加:2022年1月20日(木)13:00~17:00(受付開始12:30)
会場:船井総合研究所 東京本社 セミナールーム(東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階)
録画視聴:2022年1月27日(木)~2月10日(木)
申込締切:2022年1月13日(木)17時
受講費:税込38,500円/人
対象業種:荷主企業(製造・卸・小売・通販)、物流子会社、3PL、 情報システム企業、マテハン企業、物流不動産など
※同業他社(コンサルティング業)の受講はできかねます

詳細・申込はこちら

■プログラム
第1講座 2022年物流業界時流予測その1
船井総研ロジ 取締役常務執行役員 赤峰 誠司
講座内容
・2022年荷主が絶対に取り組まないとならないこと
・2022年トラック運賃相場を大胆予想
・2022年物流事業者がやるべきこと

第2講座 2022年物流業界時流予測その2
船井総研ロジ 取締役常務執行役員 赤峰 誠司
講座内容
・2022年グローバル海上輸送動向の運賃水準予測と最大リスクとは?
・物流業界2024年問題 荷主企業・物流会社の動向
・日本の物流現場にロボットが普及できない最大の理由とは?!

※第1、2講座の内容は順不同であり、講座内容は変更追加の可能性あり

第3講座 物流戦略の全体像と立案手法
船井総研ロジ ロジスティクスコンサルティング部 グループマネージャー 田代 三紀子
講座内容
・物流戦略立案の手引き

第4講座 物流部がやるべき社内改革
船井総研ロジ ロジスティクスコンサルティング部 グループマネージャー 田代 三紀子
講座内容
・物流サービスの見直し
・製販物のコミュニケーション
・選ばれる荷主とは
・業務プロセスの再構築(デジタル化の推進、業務改革)

問い合わせ先

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月18日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方