小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

町田市、東急電鉄/秋に南町田駅周辺整備着手、グランベリーモール一時閉店

町田市と東急電鉄は2月29日、「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」を官民共同で推進することに合意し、協定を締結した。

<整備イメージ>
整備イメージ

土地区画整理事業による都市基盤の整備を今年秋に着手し、その後、鶴間公園やにぎわいの融合ゾーン、商業施設などの整備工事を並行して進めていき、2019年度のまちびらきを目指す。

東急電鉄は、新しい商業施設の再開発にあたり、2017年2月中旬を目途に、グランベリーモールを一時閉店する。

プロジェクトは、東急田園都市線南町田駅周辺に位置する鶴間公園・鶴間第二スポーツ広場とグランベリーモールを中心とした地区で、官民が連携・共同して、地区の都市基盤、都市公園、商業施設、都市型住宅などを一体的に再整備し、郊外住宅地の魅力を再構築するための「新しい暮らしの拠点」を創り出していく。

共同推進に関する協定の締結に伴い、町田市、東急電鉄は、土地区画整理事業、歩行者ネットワーク整備事業、鶴間公園・融合ゾーン魅力創出事業など、展開する各種事業の実施に向けて、計画検討や法定手続などを本格化する。

なお、南町田拠点創出まちづくりプロジェクト計画説明会を、3月13日13時、18時と、3月15日19時の合計3回、グランベリーモール隣接の旧リバブルスクエア南町田で開催する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧