小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カルビー/ルミネエスト新宿にロングセラー菓子集めた新ショップ出店

カルビーは10月28日、日本各地からロングセラーブランドの菓子を集結させた新たなブランドショップ「Yesterday’s tomorrow」(イェスタディズ・トゥモロー、愛称:イエトモ)をルミネエスト新宿地下1階にオープンする。

<イェスタディズ・トゥモロー>
calbee

イェスタディズ・トゥモロー

同店は、日本の菓子メーカー約120社のロングセラー菓子や限定品、地元だけにあった菓子、出来立ての菓子、グッズが約800点集結した新しいショップ。

<菓子メーカー約120社のロングセラー菓子>
菓子メーカー約120社のロングセラー菓子

誰もが知っているロングセラー菓子が楽しめ、日本の菓子の魅力を世界に向かって発信。地方の菓子と消費者の接点となることを目指している。

様々な菓子やグッズを選ぶ楽しみ、お客自身が計量し、菓子の詰め合わせを作る楽しさ、自分や大切な人にプレゼントする喜び、インスタグラムを活用した発信の魅力、懐かしくも新しい商品への共感を重視して開発した。

主要ターゲットは、20~30代のトレンドに敏感な女性、小・中学生の子供をもつファミリー、日本での旅行を楽しむ外国人観光客を想定している。平均客単価800~1200円、1日当たり100万円以上の売り上げを目指す。

<出来立てキッチン>
出来立てキッチン

「出来立てキッチン」では、季節毎にコラボメーカーやメニューが変わる。オープンは森永乳業のプレミアムアイスクリーム「MOW(モウ)」のスペシャルメニューと、ギンビスの「たべっ子どうぶつ」の特別バージョンの出来立てが登場(10月28日~2018年2月14日までの予定)。

「ぐるぐる(個包装菓子)」は、店内で約200種の個包装されたメーカー各社の菓子を、お客自身が計量して詰め合わせることができる。さらに、はかり売りした商品を、カルビーの工場にある同型構造の包装機でラッピングし、オリジナルギフトを作ることも可能となっている。値段は量り売りで1gで3円(税抜)、150gからの販売となる。

<菓子をモチーフにしたかわいらしい雑貨>
菓子をモチーフにしたかわいらしい雑貨

また、菓子をモチーフにしたかわいらしい雑貨、なじみのあるキャラクターの商品も取り扱う。プレゼントとして購入したり、思わず写真を撮ってシェアしたくなる要素を数多く取り入れることで、「お菓子を通じて、新しいつながりが生まれる場」を提供する。SNSなどを通じて日本のお菓子の楽しさやおいしさを世界に発信する。

店舗のネーミング&アートディレクションは佐藤卓氏。店名のYesterday’s tomorrow(イエスタデイズ・トゥモロー)は、「昔描いた未来」のことを指している。懐かしさと新しさ、そしてそこに楽しさを兼ね備えたお菓子の世界を新しい形で表現していく。

<鎌田上級執行役員、松本会長>
鎌田上級執行役員、松本会長

同社の鎌田由美子・上級執行役員は、「120社のメーカーから商品を買取、物流体制も新しく構築し、新店舗にのぞんだ。工場の協力も得て、メーカーだからできる小売りを模索している。ロングセラー菓子だが、意外に店頭にないものもあるが、ここではたくさんのお菓子が楽しめる。今後、他での展開も検討している」と話した。

松本晃会長は、「ショッピング本来の楽しさ、わくわく感を引き出す店で、競合他社とも組み、菓子業界全体を盛り上げたい。メーカーとして生産に集中するのではなく、消費者主権、消費者目線をなくさないためにもこういったBtoCビジネスに取り組む。7年後には1兆円企業になりたいと夢を描いているが、BtoCビジネスに関し、現時点では失敗を恐れず、失敗から学んでいく。カルビーを面白おかしく、わくわくする会社にしていきたい」としている。

<オリジナルアドベントカレンダーも作れる>
オリジナルアドベントカレンダーも作れる

<ポテチモチーフのシャンデリア>

■Yesterday’s tomorrow(イェスタディズ・トゥモロー)
住所:東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿地下1階
営業時間:平日11:00-22:00 土日祝 10:30-21:30 ※定休日はルミネエスト新宿に準ずる
店舗面積:約178m2
オープンキャンペーン:10月28日~30日、物販商品購入者の先着100名にオリジナルピロー袋によるギフトセットを配布する

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧