小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

京王百貨店/新宿店に訪日外国人客専用の化粧品売場オープン

京王百貨店は2月15日、「客層の拡大」を掲げ段階的な全館改装を進めている新宿店において、2階フロアの一角に新たに訪日外国人客向けの化粧品売場をオープンする。

<免税カウンター>
免税カウンター

1階の売場と合わせて化粧品売場を拡大する。

日本政府観光局(JNTO)によると、2017年1~12月までの累計訪日外客数は約2869万人(前年比約19%増)、全国の百貨店での2017年1~12月の免税売上は、前年比の約2704 億円(46.3%増)と大きく伸長している。

同社新宿店においても、2017年度(4~12月)の免税売上高は前年比約2.2倍と好調に推移。

中でも化粧品は信頼感のある「メードインジャパン」製品を扱う国内ブランドを中心に人気を集め、同約2.6倍と免税売上を牽引している。

一方で、1階化粧品売場が国内外の多くのお客で混雑している状況もあり、混雑解消による接客・カウンセリングの時間確保が課題となっていた。

<免税カウンターとサービスカウンターを集約>
免税カウンターとサービスカウンターを集約

そこで、2階「フォーリンカスタマーカウンター」(免税カウンター)前を婦人服売場から、中国人観光客をはじめとした訪日外国人客がメインターゲットの化粧品売場へと転換。

従来から同社を利用している日本人顧客、今後も増加が見込まれる訪日外国人客の双方が、より買い物をしやすい環境を整える。

化粧品の売場拡大とあわせ、外国人客に人気の雑貨も隣接展開し、化粧品売場や免税カウンターを利用する外国人客のさらなる売上拡大も目指す。

2階の売り場は、大きく2つのゾーンに分かれ、化粧品・美容関連アイテムを集めた「ビューティーゾーン」と、訪日外国人客に人気の商品やお土産向けの雑貨をそろえる「雑貨ゾーン」からなる。

ビューティゾーンでは、既存の人気ブランドの資生堂、クレ・ド・ポー ボーテ、イプサ、ファンケル、ハーバー、SK-Ⅱ、タカミが出店する。

新規では、美容ローラーが看板アイテムのリファ、ドライヤーや美顔器、男性用シェーバーなど、パナソニックの美容家電を集積したパナソニックビューティがオープン。

雑貨ゾーンは、爪に貼るだけでマニキュアができる、世界初のシートタイプのマニキュアが人気のインココ、カタログ通販大手・千趣会の取り扱い商材から「外国人客のお土産」をテーマに品ぞろえする千趣会が出店。

合計11ブランドを展開する。なお、ブランドごとに中国語スタッフを配置する予定。

また、荷物の一時預かりや宅配便承りなどを行うサービスカウンターを、今回の改装にあわせて免税カウンター近くへ移設する。

これまで2階フロアの両端に位置していた免税カウンターとサービスカウンターを各種サービス施設が集約し、免税手続き後の商品などが預けやすくなり、訪日外国人客の利便性向上を図る。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧