小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

所沢駅/「グランエミオ所沢」第1期77店がオープン

西武鉄道は3月2日、西武所沢駅に複合商業施設「グランエミオ所沢」の第1期をオープンさせる。

2020年夏には、第2期を開業をする予定で、約40店が出店する。グランドオープン時の延床面積は約11万6000m2で、店舗面積は約1万8500m2、目標年商は140億円を計画している。

<グランエミオ所沢>
グランエミオ所沢
提供:グランエミオ所沢(以下同じ)

住友商事がサブマスターリース事業を行い、住商アーバン開発が運営管理を行う商業施設で、第1期として食物販、雑貨、アパレル、飲食店など77店が開業する。

商業施設のほか、所沢市パスポートセンターなどの公共施設や、学習熟などを併設し、西武鉄道沿線の新たなランドマークを目指す。

<1階は食品・日用品フロア>
1階は食品・日用品フロア

1階は、食品・日用品フロア。駅利用者の利便性と周辺住民の日々の食卓に彩りを添える、生鮮三品、惣菜、グロサリーを中心に食の専門店を集積したマーケットにサービス店舗を揃え、利便性を高めた。フロア面積は約2800m2と、エリア最大級の面積を擁する。

ザ・ガーデン 自由が丘、京都 八百一、魚力などが出店する。

<2階は上質で高感度なセレクトショップを取りそろえた>
2階は上質で高感度なセレクトショップを取りそろえた

2階は、改札階と繋がるメインフロア。集積感のあるファッション・雑貨、上質で高感度なセレクトショップを取りそろえる。

B:MING LIFE STORE by BEAMS、URBAN RESEARCH DOORSが登場する。

<3階レストランゾーン>
3階レストランゾーン

3階は、ランチからカフェタイム、ディナーまで幅広いニーズに応えるレストランゾーンに加えて、 カジュアルファッションを届ける駅利用者・周辺生活者向けライフスタイルフロア。

UNDERGROUND RAMEN 頑者、ユニクロなどがオープンする。

4階は、カルチャーと公共施設フロアとして、所沢市パスポートセンター・サービスコーナー、学習塾が日々の生活をサポートする。

全館では、各フロアにレストスペースを用意。トイレスペースは、華やかで上質な気分になれるようなインテリアを設置し、パウダースペースや授乳室も完備している。

<キッズトイレ>
キッズトイレ

3階には子どもが見て触って楽しめるインテリアも導入し、埼玉西武ライオンズとコラボレーションした「キッズトイレ」を設置している。

施設概要
所在地:埼玉県所沢市くすのき台1-14-5
敷地面積:約3万9400m2
延床面積:約11万6000m2
(増築:約6万6400m2 、既存:約4万9600m2)
構造:鉄骨造
階数・高さ:地上5階・地下2階 最高高さ29.65m
店舗面積:約1万8500m2
店舗数:約120店舗(I期:77店舗、II期:約40店舗)
駐車場:約500台(I期:約380台、II期:約120台)
駐輪場:約1600台(I期:約780台、II期:約820台)
工期:2016年8月~2020年6月(予定)
開業時期:I期2018年3月2日、II期2020年夏(予定)
事業主:西武鉄道
賃貸人・企画・開発・施設管理:西武プロパティーズ
賃借人・企画、開発支援、商業施設運営管理:住友商事、住商アーバン開発

■グランエミオ所沢
http://www.ge-tokorozawa.com/teaser/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧