小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ダイエー/京都に5年半ぶり出店「イオンフードスタイル東向日店」

ダイエーは4月21日、「イオンフードスタイル東向日店」(京都府向日市)をオープンする。

<イオンフードスタイル東向日店>
イオンフードスタイル東向日店

同社は、首都圏・京阪神地域における事業領域のシェア拡大を目的に、積極的な新規出店と店舗活性化を推進。2018年度における最初の新規出店として、「イオンフードスタイル」業態の店舗を京都府向日市に出店する。

なお、京都府内に当社が出店するのは、2012年のグルメシティ西大路店以来、約5年半ぶりで、「イオンフードスタイル」業態の店舗としては初めての展開。

同店は、阪急京都線「東向日駅」から徒歩2分に位置しており、1km商圏内に約3万人、約1万2千世帯を有している。

また、世代別では40代の居住者の構成が最も高く、30~40代で約30%を占めている。

同店上層階に開業予定の向日市役所の東向日別館、隣接する総戸数297戸の新築分譲マンション「グランマークシティ東向日駅前」と一体となった駅前複合施設。

<1階は焼きたてパンや惣菜、サラダ充実>
1階は焼きたてパンや惣菜、サラダ充実

1階では48席のイートインコーナーを設置。焼きたてパンや惣菜、サラダコーナーなどを充実させた。

店内で焼き上げたメロンパンやカレーパンなど約50品目のパンを提供する「D’sベーカリー」を導入。

「簡単に調理ができて、おいしく食べて健康になりたい」というニーズに応え、「チーズタッカルビ」や「魚介のアヒージョ風」など、レンジで温めるだけで1日に必要な野菜の1/2が気軽に摂れるレンジ商品を豊富にそろえた。

「大豆のお肉ミンチ」「こんにゃくパスタ」など「グルテンフリー」食品、「きゅうり」や「ベビーリーフ」など、農薬や化学肥料に頼らない有機栽培で育てたオーガニック野菜を約12品目展開。

京都は寿司の家計消費支出が高い地域特性であることから、巻寿司の品ぞろえを強化している。

また、枕崎産かつお節・宗田かつお・真昆布を主原料とした同社オリジナルのだしを使用した「だし旨!だし巻玉子」や「旨い!だし巻き天ぷら」、「だし旨!玉子焼が自慢のお弁当」なども楽しめる。

<2階は野菜、精肉や鮮魚をそろえた>
2階は野菜、精肉や鮮魚をそろえた

2階は鮮度の良い野菜をはじめ、こだわりの精肉や鮮魚などの生鮮品や健康にこだわった加工品などに加え、キッチンサポートコーナー「dai-docoro」を設置し、料理をする楽しみを体感できる品ぞろえをする。

「向日市民の皆さまが、おいしく食べて“ココロとカラダ”健康に」をコンセプトに、マンション入居者をはじめとする近隣住民の健康的な暮らしを支える店舗を目指す。

■イオンフードスタイル東向日店
所在地:京都府向日市寺戸町小佃5-1
営業時間:8時30分~22時
売場面積:約1792m2

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧