小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

クオール/神田に漢方の新業態「QOLサポート美健漢方クオール」

クオールは12月25日、東京・神田に「QOLサポート美健漢方クオール神田店」を都内の1号店としてオープンした。

<QOLサポート美健漢方クオール神田店>
QOLサポート美健漢方クオール神田店

「QOLサポート美健漢方クオールは、病院に行くほどでもないけれど、何となく身体が不調な状態など、未病の対策に、20代~50代女性が気軽に相談できるファースト・アクセスとして、漢方薬・サプリメントを通じ健康面をサポートする店舗」(同社)。

店舗面積は27.44m2で、漢方薬(第2類)約100種類、OTC医薬品(第2類・第3類)、サプリメントなど約200種類、合計約300種類を展開する。

漢方薬に加えOTC医薬品、サプリメントなど、女性やビジネスパーソンの悩みに応える商品(美と健康、更年期障害、不定愁訴、不眠、貧血、便秘等)を中心に品ぞろえした。

<店舗所在地>
店舗所在地

「QOLサポート美健漢方クオール神田店」は、至近で処方せんを取扱う「ナチュラルローソンクオール薬局神田鍛冶町二丁目店」と相互連携し、利用者(相談者)の未病から病気に至るまで、個人の健康状態に合わせた最適なソリューションを提供するとともに、相談者のセルフ・メディケーションをサポートする。

「クオール薬局」での相談経験・ノウハウを活かし、漢方の専門知識を持った女性の登録販売者を中心としたスタッフが健康相談・販売を行う。

漢方を中心とした症状の改善、サプリメントでの健康促進、OTCによる急性症状の改善、相談者の状態によっては、薬局薬剤師に相談か医師への受診勧奨を適宜スタッフが提案する。

漢方をもっと身近に利用できるよう、店内では、「タキザワ漢方廠が製造販売するティーバッグ式漢方煎薬(できたて純漢方(第2類医薬品)350円)や健康茶を気軽にセルフで飲めるスペースを用意した。

テイクアウトも可能なパッケージで、漢方をライフ・スタイルに合わせて便利に利用できる。

漢方は、健康志向の20~50代の女性や中高年の方に人気がある一方、はじめて利用する人には、購入手段や利用方法など、さまざまな面でハードルが高く、現状利用者は限られている。

「クオール薬局」では、かかりつけ薬局・健康サポート機能を通じ、薬局利用者の健康相談のほか、OTC、サプリメントをはじめ漢方などの相談に対応してきた。

クオールでは、そのノウハウを活かし、20~50代女性をターゲットに、「漢方」を気軽に提供できる店舗「QOLサポート美健漢方クオール」によって、美と健康へのサポートに取り組む。

今回出店する神田駅周辺エリアは、1日あたり約20万人の乗降客が往来している。

20~50代のビジネスパーソンが多い便利な場所に、気軽に漢方を体験でき、相談できる店舗として、女性だけでなく、20~50代男性の潜在需要も喚起しつつ、さらなるセルフ・メディケーション推進・普及に貢献したいという。

店舗概要
所在地:東京都千代田区鍛冶町1-8-1
神田サクラビル1階
交通:JR山手線「神田駅」東口徒歩3分
営業時間:月~土10時~19時(日祝休)
店舗面積:27.44m2
取扱アイテム数:約300種類

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧