小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ヨドバシカメラ/大阪に商業・ホテル複合施設「ヨドバシ梅田タワー」

店舗/2019年06月03日

ヨドバシホールディングスは6月3日、大阪駅北口に現在建設中の「ヨドバシ梅田タワー」が今秋オープンすると発表した。

<ヨドバシ梅田タワー>
ヨドバシ梅田タワー

「ヨドバシ梅田タワー」は、既存の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」に、アパレル、雑貨、飲食店、食物販、サービスなど約200店舗を集積する商業施設、約1000室のホテルを併設し、大阪・梅田の新しいランドマークを目指している。

地下2階から地上8階の10フロアで構成された、売場面積9万1954m2の大規模商業施設は、カメラ・家電量販店を展開するヨドバシカメラを核にした新たな複合商業施設となる。

商業施設の各フロアは隣接する既存のヨドバシカメラマルチメディア梅田とも接続し、気分が上がる買物、暮らしの必需品、最高の便利、日々の楽しみとしての食、ハレの日のごちそうと、多方面に渡る店を揃えた。

宿泊施設は、阪急阪神ホテルズが、新たに立ち上げた宿泊主体型ホテルブランドの日本初の1号店となる「Hotel Hankyu RESPIRE OSAKA(ホテル阪急レスパイア大阪)」。11月27日開業予定となっている。

また、現状、観光客やビジネスワーカーが行き交うエリアでありながら、地上レベル(芝田交差点)に横断歩道などが設置されていないことから、主要交通機関から梅田エリアにアクセスしにくい状況にある。

今回の開発では、大阪駅、大阪ステーションシティ、グランフロント大阪への周辺施設を繋ぐペデストリアンデッキの整備によって歩行者ネットワークが充実し、地下1階・1階・2階レベルへの移動が可能となり大阪駅周辺の歩行者動線の利便性が上がる。

高度な都市機能が広がる周辺地区における国際的な観光の拠点として、新たな人の流れに対応出来る機能を導入。

併設するホテル利用客のビジネスユースや観光ニーズに対応出来るよう、また、周辺地区における観光バスや高速バスの乗降場所不足による路上での駐停車問題の解消、周辺地区の円滑な自動車交通環境を形成するためにバスターミナル施設を導入する。

■ヨドバシ梅田タワー
敷地面積:約1万7200m2
<新棟>
延床面積:約11万100m2
階数:地下4階、地上35階
主な用途:商業・ホテル等
施設構成(予定):商業部分(地下1階~地上8階)約5万3200m2、ホテル部分(地上9階~35階)約4万1500m2
駐車場台数:車約400台
<既存棟>
延床面積:約10万8800m2
階数:地下2階、地上13階
主な用途:商業等
竣工:2001年11月
商業部分:(地下2階~地上8階)約8万300m2
駐車場台数:車約700台

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧