小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ケンミン食品/大丸心斎橋にビーフンと焼小籠包の専門店「ユンユン」

店舗/2019年06月24日

ケンミン食品は6月11日、大丸心斎橋店本館に直営のビーフンと焼小籠包の専門店「YUNYUN(ユンユン)」を9月20日に出店すると発表した。

<YUNYUN大丸心斎橋店のイメージ>
YUNYUN大丸心斎橋店のイメージ
出典:ケンミン食品ホームページ(以下同じ)

ユンユンとは、ケンミン食品のアンテナショップとして、1985年神戸南京町で直営1号店「YUNYUN神戸南京町店」を開業した。

2017年に台湾フードや中華点心を楽しんでもらう、ビーフンと焼小籠包の専門店としてリニューアルしている。

「本場中国以上に中国を。南京町エクスペリエンス」をコンセプトとして、南京町にきた!という体験が体感できるよう、点心師など職人による手包みと焼きたての実演、フォトジェニックな演出、スタイリッシュ立ち食いを提供し、本場中華街以上の中華街を楽しめる店舗だった。

ケンミン食品秘伝の焼ビーフンや、1日5000個焼き上げる焼小籠包が名物で、今年のゴールデンウイーク期間中は、最長1時間待ちの行列ができる人気店となっている。

<ユンユン1号店の神戸南京町店>
ユンユン1号店の神戸南京町店

今回は2号店となり、大阪初出店で、国内百貨店初となるフードホールにテナント業態として初出店する。

地域のお客のほか、国内外から多くの観光客でにぎわう大阪心斎橋地区で、ビーフンなどの台湾フードや中華点心のおいしさを発信することや、神戸南京町の魅力を伝えたいという。

<神戸南京町店メニューイメージ>
神戸南京町店メニューイメージ

ケンミン食品は、「ケンミンの焼ビーフン」で知られる1950年神戸創業のビーフンメーカー。国内ビーフン市場の約60%のシェアをもつ日本一のビーフンメーカーとなっている。

<ビーフンの市場シェア>
ビーフンの市場シェア

社名の「ケンミン」は創業者高村健民に因み、健康(健)を皆さま(民)に提供するという理念を持つ。ビーフンの他にも、フォー、ライスパスタ、ライスペーパーなど米を原料とした加工食品を製造する専門企業となっている。

近年、グルテンフリーがトレンドの欧米にも輸出し親しまれている。J1リーグヴィッセル神戸の2019シーズンユニフォーム・パンツスポンサーでもある。

店舗概要
所在地:大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
大丸心斎橋店本館地下2階フードホール
開業日:9月20日
営業時間:10時~23時(フードホールの営業時間)
休業日:大丸心斎橋店の休館日に準ずる

■ユンユン
http://www.k-yunyun.jp/

■ケンミン食品
http://www.kenmin.co.jp/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧