小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サミット/2003年開店「シーアイハイツ和光店」大型改装で最新MD導入

店舗/2019年10月04日

サミットは10月12日、埼玉県和光市の「サミットストアシーアイハイツ和光店」を改装オープンする。

<店舗所在地>
店舗所在地

2003年3月に開店して以来の大型改装で、最新のMDを可能な限り導入するもの。1次商圏は半径0.5km以内・4844世帯9311人、2次商圏は半径1.0km以内・1万7545世帯3万4429人、3次商圏は半径1.5km以内・3万2341世帯6万5724人を想定する。

店舗から500m圏内の商圏内人口は、9311人と全社平均(1万2130人)より少ないものの、単身世帯が自社平均より3.0ポイント少なく、ファミリー世帯の構成比が高い地域であることから、週末は大容量の商品を充実させる。シニア層の構成比も高いため、少量商品や即食商品・簡便商品の品ぞろえを強化する。

青果売場では、店内製造の「フレッシュサラダ&カットフルーツ」コーナーを新たに導入し、店内加工のメリットを活かした季節感のある商品を販売する。支持の高い「農家さんから直送」コーナーは新型什器を導入し訴求力を上げる。シニア層の多い地域で、少量商品に対する支持の高い店舗であるため、少量商品のフェースを拡大する。

鮮魚売場では、「おさかなキッチンコーナー」を壁面に移設し、需要の高い「3枚卸」「開き」「輪切り」など調理の手間が省ける商品の品ぞろえを強化する。「煮魚・焼魚」コーナーを新設し、鮮魚売場で販売している原料を使用したこだわり商品の品ぞろえや、夕方のピークに合わせできたて商品のバラ販売を実施する。

精肉売場では、グリルキッチンブースと専用の売場を新設し、店内加工の肉総菜を販売強化する。グリルキッチンコーナーは、作業場を全面ガラス張りにすることで、ライブ感・店内焼き上げを訴求する。レンジアップ商品や簡便商品を同コーナー付近にまとめた売場づくりを行うとともに、ファミリー世帯も増加傾向にあることから、若いファミリー世帯向け大容量商品の品ぞろえを増やす。

惣菜売場では、ゾーン展開することで回遊しやすい売場を実現する。売場照明・什器を一新するとともに、製造工程をより見やすい作業場にしてライブ感や鮮度感を演出する。夕方から夜間にかけての出来立て訴求を強化するとともに、地域特性に合わせて各コーナーで適量サイズの商品を品ぞろえする。温総菜ではおかずになる商品を拡充する。

ベーカリーは同じ敷地内ではあるものの、店外店「リトルマーメイド」として独立していたものを直営店「ダン・ブラウン」として店内に移設し、イートインスペースのサミCafeを新設する。集中レジ精算方式を導入、作業場は売場から見えるようにすることで解放感とシズル感を演出する。商品は、フランスパン・ホテルブレッドをスクラッチ製法に変更、新たに専用窯を導入し、好評なナポリ風ピッツアを販売する。

新たに、新商品の試食コーナー「おためし下さい」や「キッズスペース」を導入するとともに、案内係を配置し、地域のお客に寄り添った温かみのある、地域に欠かせない店舗を目指す。

■店舗概要
所在地:埼玉県和光市本町31-1
TEL:048-460-1970
アクセス:東武東上線和光市駅下車、南口徒歩5分
フロア構成:地下駐車場、1階売場、2階テナント、鮮魚・精肉作業場
開店:2003年3月
売場面積:2055m2
バックヤード:938m2
延床面積:8308m2
駐車台数:86台
駐輪台数:135台
営業時間:9時~深夜0時
年間休日:年2日
年商:26億円(2018年度売上実績)
従業員数:93.9人(正社員18.0人、パートタイム・アルバイト社員75.9人)
※パートタイム・アルバイト社員は173時間/月=1人で計算

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧