小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオンモール/増床効果で専門店売上「東浦」71%増「名取」35%増

店舗/2019年10月08日

イオンモールは10月8日、2019年増床リニューアルしたイオンモール「東浦」(愛知県)「名取」(宮城県)「沖縄ライカム」沖縄県)の4月19日~8月31日の専門店売上は、「東浦」71.8%増、「名取」35.8%増、「沖縄ライカム」7.7%増となったと発表した。

<吉田昭夫社長>
横山昭夫社長

同日行われた2020年2月期第2四半期決算説明会で吉田昭夫社長が明らかにしたもの。

吉田社長は、「イオンモール東浦は約20年前に作られ、物販中心で、飲食ゾーンは400席しかなかった。増床部分に新たにフードコートを移転リニューアルし、約1100席設け、日曜の夜はいつも満員となっている。名取もアパレル中心で、飲食が弱かったので増やした。また、駅直結のブリッジを増設。雨でぬれないよう改装している。インバウンド客が空港に行く前にくつろげるレストスペースも設けた。各地方にあったリニューアルが効果を上げている」と説明した。

また、2018~2019年で改装済のイオンモールむさし村山、水戸内原などの既存19モールの専門店売り上げは、前期比6.7%増となっている。今後、建設費が高止まりしているため、新規出店は空白エリアに厳選し、より投資効率の高い増床リニューアルに経営資源を投入する。

さらに、飲食を強化しながらもアパレルについて、「衣料品は四季を感じられる商品で、おしゃれ、ショッピングの楽しさはモールに欠かせない。売上構成比も約35%ある。店がある程度ないと買物が楽しめないので、アパレルはモールに不可欠。その上に、エンターテイメント、カルチャーなどの店を増やし、買物の楽しさを演出する」と話した。

■イオンモール東浦
所在地:愛知県知多郡東浦町大字緒川字旭13-2
TEL:0562-82-2700(代表)
http://higashiura-aeonmall.com/
敷地面積:約14万m2
総賃貸面積:約7万5000m2(増床前+約1万2000m2)
専門店数:約170店舗(増床前+約50店舗)
駐車台数:4600台
オープン:2001年7月

■イオンモール名取
所在地:宮城県名取市杜せきのした5-3-1
TEL:022-381-1515(代表)
http://natori-aeonmall.com
敷地面積:約15万8000m2
総賃貸面積:約8万m2(増床前+約1万3000m2)
専門店数:約240店舗(増床前+約50店舗)
駐車台数:4500台
オープン:2007年2月

■イオンモール沖縄ライカム
所在地:沖縄県中頭郡北中城村 アワセ土地区画整理事業区域内4街区
TEL:098-930-0425(代表)
https://okinawarycom-aeonmall.com/
敷地面積:約17万5000m2
総賃貸面積:約8万6000m2(増床前+約8000m2)
駐車台数:4000台
オープン:2015年4月

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧