小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

台風19号/スーパー、ホームセンターなど一部店舗が休業

店舗/2019年10月15日

流通ニュースは10月15日、台風19号による被害により休業した店舗の状況をまとめた。浸水被害を受けた被災地を中心に、一部店舗が現在も臨時休業をしている。

<台風19号で増水した荒川>
台風19号で増水した荒川

カスミは10月15日時点で、埼玉県の「フードスクエアカスミライフガーデン東松山店」を休業し、営業再開は未定となっている。同日9時から、休業していた茨城県「那珂湊店」の営業を再開している。

ヨークベニマルは10月15日時点で、福島県伊達市の「梁川店」、福島県本宮市の「新本宮館町店」を休業している。同日は、臨時休業していた栃木県佐野市の「佐野田島町店」の営業を再開した。

ベイシアは10月15日時点で、栃木県の「太平モール店」、長野県の「中野店」を休業している。

コープデリ連合会は15日、10月3回の配送について、欠品のお詫びを発表した。同連合会によると、台風19号の影響で、高速道路の通行止めにより商品が納品できない、また商品の製造工場では従業員が出勤できず生産ができないなどの状況もあり、多数の商品が配送できない状態となった。

配送できなかった商品は、宅配センターから配布される「商品の欠品・配達等に関するお詫びとお知らせ」チラシとマイページのメッセージ一覧または宅配通知メール(登録者のみ)で案内している。配送できなかった商品の代金については、10月4回以降の「お届け明細書兼請求書」で返金する。

カインズは10月15日時点で、栃木県の「栃木店」「太平店」、長野県の「豊野赤沼店」を当面の間、休業すると発表した。14日まで休業していた栃木県の「矢板店」は、15日13時に営業を再開した。

コメリは10月15日9時時点で、福島県の「赤井店」を浸水復旧作業のため営業を休止している。

宮城県の「志津川店」、福島県の「相馬店」、栃木県の「粟野店」「佐野店」は、浸水復旧作業により店頭で対面販売となっている。

アレンザホールディングスの事業会社ダイユーエイトは15日現在、福島県いわき市の「ホームセンターダイユーエイトいわき好間店」と福島県石川郡の「同浅川店」を河川氾濫によりる浸水で休業している。

ツルハは、福島県伊達市の「梁川店」、福島県いわき市の「平窪店」を臨時休業している。平窪店は復旧作業が進んでおり近日中に営業を再開する予定だ。

ココカラファインは15日12時現在、世田谷区の「ココカラファイン経堂店」 を休業している。

薬王堂ホールディングスは15日9時時点で、宮城県伊具郡「宮城丸森店」、宮城県本吉郡「宮城志津川店」の2店を、浸水被害のため休業している。

100円ショップのセリアは15日現在、直営店1583店のうち、浸水被害や店舗従業員の通勤困難により休業している店舗が8店となった。うち4店は、営業再開に向け全力で取り組んでおり、近日中に再開できる見込みであります。残る4店も、現時点で再開できる目処はたっていないが、引き続き詳細な情報収集と復旧に向けて全力で取り組む。

なお、10月15日時点で、イオンリテールは本州・四国の都府県の「イオン」「イオンスタイル」約400店、全店舗で営業をしている。イオンモールも全店で営業している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧