メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ららぽーと豊洲/3月18日から102店順次開業、アパレル・食強化

2020年01月21日店舗

三井不動産は1月21日、「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」(東京都江東区)の開業後2度目の大規模リニューアルとして3月18日より新規62店、改装40店、計102店舗を順次オープンすることを決定したと発表した。

<ららぽーと豊洲全景>
ららぽーと豊洲全景

オフィスワーカー、地域住民の増加といった街の成長に合わせ、高感度ファッションの拡充のほか、キッズ店舗の増加、多様化する過ごし方に合わせた食の楽しみを提案できるようなリニューアルを実施する。

4月24日に開業する豊洲ベイサイドクロスタワー内に新たにオープンする商業ゾーンをあわせ、「ららぽーと豊洲」として全214店舗にスケールアップ。拡張に伴い東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ豊洲駅と直結し、アクセス面でますます便利になるという。

<全214店舗にスケールアップ>
全214店舗にスケールアップ

リニューアルオープン第1弾として3月18日にファッション・雑貨テナントを中心にオープンし、4月22日には第2弾としてレストランなどがオープン、4月24日には豊洲ベイサイドクロスタワー内の35店舗が新規開業。さらに今秋まで新規・改装店舗のオープンが続く。

憩いの場としての魅力向上のため、外壁デザインを変更し、外観のイメージを一新。フードコートの拡張、授乳室の増設など、より利用しやすい施設となるようサービスの拡充を行う。

新規テナントでは、「ポロ ラルフ ローレン」「DESCENTE STATION」「ラコステ」などの高感度ファッションを拡充。「アカチャンホンポ」「トイザらス」、計測してシューズをオーダーできる「ゲンキ・キッズ」などのキッズ向けコンテンツも新規出店する。

<フードコート、レストランゾーンを拡大>
フードコート、レストランゾーンを拡大

また、フードコート、レストランゾーンを拡大する。6店舗が新規出店し、店舗数も2店増え13店舗となる。台湾ティーの「ゴンチャ」、色とりどりのフルーツを使用したクレープが自慢の「フタバフルーツパーラー」も新登場する。客席も100席増えて約900席となる予定だ。

新業態、商業施設初の「つきじ鈴富 すし富」、東京発の「柿安 Meat Express」、ラーメン「玉」、「日本橋 天丼 金子半之助」もそろう。

カフェ・レストランでは台湾で行列のできる小籠包専門店「京鼎樓」、「コメダ珈琲店」、食物販はパティスリー「エクラデジュール」、健康的な食生活をサポートするRF1が手掛ける新業態、カスタードアップルパイ専門店「RINGO」がオープンする。

物販は、ライブラリー、カフェ、ワーキングスペース、社会人スクールが合体したブックラウンジ「SPBS TOYOSU」が4階にオープン。雑貨、書籍の販売に加え、誰でも参加できるワークショップ、顧客同士の交流イベントも定期的に開催する。

地下1階「ウエルシア」、2階「有隣堂」、3階「ノジマ」、各種クリニックなど生活基盤を支える店舗をそろえた。

■三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲
店舗面積:約6万7000m2
店舗数:214店舗
営業時間:ショップ・サービス10時~21時、レストラン11時~23時 ※一部異なる店舗あり。
駐車場台数:約2200台
https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/toyosu/

■三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲1・2
所在地:東京都江東区豊洲2-4-9
店舗面積:約6万m2
店舗数:178店舗
階数:地下1階地上5階建
開業日 2006年10月5日

■三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲3
所在地:東京都江東区豊洲2-2-1(豊洲ベイサイドクロスタワー内)
店舗面積:約7000m2
店舗数:36店舗
階数:地下1階~地上4階

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方