メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオンモール川口/建て替えで店舗数2.1倍・150店出店、出前館の拠点も設置

2021年03月30日店舗

イオンは5月28日、埼玉県川口市に新たなショッピングモール「イオンモール川口」をグランドオープンする。

イオンモール川口は1984年に開業し以来34年に亘り営業してきたが、多様化するお客のニーズやデジタル社会に対応すべく、2018年8月末をもって一旦営業を終了した。

今回、「kawaguchi green park」をコンセプトに、地域の日々の暮らしに便利な生活を提供するほか、高品質な商品と充実したサービスを提供し、ニューノーマルな社会環境に合わせ、リアルとデジタルを融合した最新型のモール、新生「イオンモール川口」へと生まれ変わる。

<イオンモール川口>
20210330saibo1 728x377 - イオンモール川口/建て替えで店舗数2.1倍・150店出店、出前館の拠点も設置

イオンモール常務取締役の三嶋章男営業本部長は、「イオンモール川口は、大型専門店からライフスタイルまで、日常に寄り添う150店を誘致した。店舗数2.1倍、敷地面積1.5倍、総賃貸面積1.7倍、駐車台数2倍となった」と語った。

コロナ禍のリーシングの影響については、「コロナの影響で一番、大きかったのは、対面でのリーシング活動が2カ月間止まってしまった。それに伴ってオープンがずれた。テナント決定は、工事の関係で飲食店が早く、それから物販、サービスが決まる。飲食店はある程度、出店は絞るが、川口はやっていただける店舗がかなりあった。しかし、コロナの影響を受けて、出店を取りやめたテナントも発生したので、そういったところはメンバーが変わっている。そのほか、アパレル・雑貨の業種バランスは特に変更はなかった」と述べた。

<出前館のオーダーイメージ>
20210330saibo2 728x232 - イオンモール川口/建て替えで店舗数2.1倍・150店出店、出前館の拠点も設置

ニューノーマルな社会環境に合わせ、リアルとデジタルを融合した新しいサービスを提供する。フードコートやレストラン、食物販ゾーンの専門店メニューを出前館から注文すると、お客の自宅や希望先まで配送する出前館と連携したフードデリバリーサービスを導入。モール内に出前館のデリバリー拠点を設置することで、オーダーに速やかに対応し、利便性の高いサービスを提供する。

また、スマートフォンを活用し、イオンモールアプリから各飲食専門店のメニューやテイクアウト商品をオーダーし、モバイル上で決済、店頭で待つことなく受け取ることができるモバイルオーダーサービスを展開。「イオンスタイル川口」においても、食品売場の惣菜や弁当をスマホから事前にオーダーし、受け取ることができるサービスを導入する。

<Hills Kitchen>
20210330saibo3 - イオンモール川口/建て替えで店舗数2.1倍・150店出店、出前館の拠点も設置

1階にはイオンスタイルの食品ゾーンと隣接し、木目調の落ち着いた内装を施した旬の食材から生鮮食品、加工食品、和洋菓子まで14店舗が出店し、幅広い品ぞろえが特徴の食物販ゾーン「Hills Kitchen」が誕生する。また、和食から中華、寿司、洋食などバラエティ豊かな10店舗で構成する「HILLS DINER」を展開する。

<FOOD FOREST>
20210330saibo4 - イオンモール川口/建て替えで店舗数2.1倍・150店出店、出前館の拠点も設置

2階フードコート「FOOD FOREST」には、県内初出店4店舗を含む、15店舗が出店。客席は約1000席を備え、感染症対策として距離を確保し、飛沫対策としてパーテーションを設置するなど、安心して食事を楽しめる。

大型専門店では、1階に、ベーシックからトレンドまで、カジュアルファッションを代表する「ユニクロ」が約1300m2の広さに旗艦店としてオープン。2階には、野球やサッカーなどのスポーツ用品から、ウエア、アウトドアまで有名ブランドを豊富に展開するスポーツ専門店「スーパースポーツゼビオ」を導入する。

3階には、世界中のおもちゃ・子ども用品を豊富な品ぞろえで提供するおもちゃ・子ども用品の専門店「トイザらス」が出店する。1階には、県内最大級となる約2900m2の広さを誇る、着心地の良いウエアから素材にこだわった食品、シンプルで機能的なステーショナリーや家具まで、くらしまわりのすべてがそろう「無印良品」を誘致した。

また、新型ウイルス感染症拡大防止対策では、新たな換気システムや最新の設備を導入するなど、防疫対策を実施し、お客の「安全安心」の先にある価値を提供する。

イオンスタイル川口は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を駆使した、初の本格的な「スマートストア」として開業する。今までにない快適な買物環境を提供するとともに、効率的な店舗オペレーションを推進する。

■イオンモール川口
所在地:埼玉県川口市安行領根岸3180番地
核店舗:イオンスタイル川口
サブ核店舖:ユニクロ/無印良品/スーパースポーツゼビオ/テックランド/ティップネス/イオンシネマ
専門店:約150店舖
敷地面積:約7万8000m2
延床面積:約12万6000m2
総賃貸面積:約5万9000m2
建物構造:鉄骨造地上4階建
駐車台数:約2800台
駐輪台数:約1500台
設計施工:安藤間
建物設置者:サイボー
営業時間:専門店10時~21時、レストラン11時~22時、シネマ9時~24時
イオンスタイル川口8時~23時
※一部営業時間が異なる売場がある。
休業日:年中無休
従業員数:施設全体約2500人(内、イオンスタイル川口約600人)
基本商圏:5㎞圏内約23万世帯・約50万人
https://kawaguchi-aeonmall.com

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月16日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方