流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ローソン/埼玉県狭山市に新業態「LAWSONマチの本屋さん」1号店、日販と連携

2021年05月31日 15:50 / 店舗

ローソンは5月31日、日本出版販売と連携し、書店とコンビニエンスストアの各商品を取り扱う新ブランド「LAWSONマチの本屋さん」を立ち上げたと発表した。

1号店として、ローソン単独で運営する書店併設型の「ローソン狭山南入曽店」(埼玉県狭山市)を6月3日リニューアルオープンする。

<埼玉県狭山市に新業態「LAWSONマチの本屋さん」1号店>
新業態「LAWSONマチの本屋さん」1号店

日販とローソンは、街に書店のある風景と、誰もが自由に本に触れられる環境を守るための新たな取り組みとして、新ブランド「LAWSONマチの本屋さん」を立ち上げた。

日販は、取次会社として本を供給するほか、そのマチの顧客に喜んでもらえるような売場作りを手掛けていく。

同店舗では、弁当・おにぎり・デザート・ベーカリー・飲料など 通常のコンビニエンスストアの約3500品目に加え、約9000タイトルの本・雑誌を取り扱う。

ローソンは、これまでに地域の書店とコラボレーションした書店併設型店舗を、埼玉県・神奈川県・広島県で21店舗展開。新型コロナウイルス対策での在宅時間の増加に加え、地域の書店の減少や緊急事態宣言などによる大型店の休業などを受け、ニーズが高まっている。ローソンの2020年度の書籍、文庫本などのカテゴリーの売上高は、前年実績を約2割上回ったという(2020年3月~2021年2月)。

また、小説や文庫本、ビジネス書など幅広い種類の本を取り揃えられるよう、2014年より専用の「書籍什器」の導入を開始し、現在全国の約5000店舗で採用している(2021年5月時点)。

今後、ローソンは「LAWSON マチの本屋さん」を含む書店併設型店舗の拡大を目指す。

■ローソン狭山南入曽店
住所:埼玉県狭山市南入曽1018-2
店舗面積:281m2※うち、書店部分70m2
営業時間:24時間
駐車場台数:32台
主な取り扱い商品(通常コンビニ商品):弁当、おにぎり、調理パン、デザート、ベーカリー、
ファストフーズ、まちかど厨房、飲料、酒類、日用品など約3500品目
本の取り扱い:小説、ビジネス書、文庫、新書、雑誌など約9000タイトル

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧