メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

コカ・コーラ/原宿に「コスタコーヒー」のテークアウト専門店

2021年07月12日店舗

関連キーワード:

コカ・コーラシステムは7月13日、東京都渋谷区に、コーヒーブランド「コスタコーヒー」のテークアウト専門店「コスタコーヒー 原宿駅店」をオープンする。

<コスタコーヒー 原宿駅店(イメージ)>
0712coka1 - コカ・コーラ/原宿に「コスタコーヒー」のテークアウト専門店
「コスタコーヒー」は、高品質なコーヒーを一杯一杯、バリスタが丁寧に手でいれるコーヒー店。コーヒーは代表的なメニューの「フラットホワイト」(レギュラー:税込486円、ラージ:518円)や「コルタード」(レギュラー:432円)などを販売する。

<フラットホワイト>
0712coka2 - コカ・コーラ/原宿に「コスタコーヒー」のテークアウト専門店
「フラットホワイト」は、濃厚なエスプレッソに、きめ細かく泡立てたミルクを合わせており、ミルクの甘みとコーヒーの香ばしさが楽しめる。

<コルタード>
0712coka3 - コカ・コーラ/原宿に「コスタコーヒー」のテークアウト専門店
「コルタード」では、濃厚なエスプレッソに滑らかなテクスチャーミルクを少し加えており、ショートサイズのコーヒーになる。

原宿駅店限定で日本初の商品も提供する。「コーヒーフロスティーノ」(レギュラー:540円)「キャラメルフロスティーノ」(レギュラー:626円)「ストロベリー&クリームフロスティーノ」(レギュラー:626円)「アフォガート」(626円)といったメニューを用意した。

<コーヒーフロスティーノ>
0712coka4 - コカ・コーラ/原宿に「コスタコーヒー」のテークアウト専門店
「コーヒーフロスティーノ」は、コスタコーヒーのオリジナルブレンド豆から抽出した芳醇(ほうじゅん)なエスプレッソを、香りと風味を生かして氷とちょうどよい甘さでブレンドしたドリンク。

<キャラメルフロスティーノ>
0712coka5 - コカ・コーラ/原宿に「コスタコーヒー」のテークアウト専門店
「キャラメルフロスティーノ」は、コスタコーヒーのオリジナルブレンド豆から抽出したエスプレッソに、香ばしい味わいのキャラメルソースを氷と一緒にブレンドし、クリームをトッピングした。

<ストロベリー&クリームフロスティーノ>
0712coka6 - コカ・コーラ/原宿に「コスタコーヒー」のテークアウト専門店
「ストロベリー&クリームフロスティーノ」では、甘さとさっぱりとした酸味があるストロベリーのドリンクに、クリームをトッピングしており、なめらかなクリームを生かした甘酸っぱさが楽しめる。

<アフォガート>
0712coka7 - コカ・コーラ/原宿に「コスタコーヒー」のテークアウト専門店
「アフォガート」は、バニラアイスに抽出したエスプレッソをかけて楽しむイタリアの定番スイーツ。バニラの甘さとチョコのような風味のエスプレッソを味わえる。

<モバイルオーダーサービス画面(イメージ)>
0712coka8 - コカ・コーラ/原宿に「コスタコーヒー」のテークアウト専門店
店舗では、バリスタが手でいれたコーヒーを、利用者が待つことなく飲んでもらえるようテークアウト用のモバイルオーダーサービス「O:der ToGo」を導入。を導入。スマートフォンから事前にテークアウト注文をしておけば、通勤・通学途中やランチ合間などに、店舗に到着後、すぐにいれたてのコーヒーを受け取ることができる。

また、オープンを記念し、7月13日~26日の期間は、購入者全員に、ボトルドリンク除く全てのドリンクメニューで価格から100円を割り引く特典サービスを実施する。

<店舗地図>
0712coka9 - コカ・コーラ/原宿に「コスタコーヒー」のテークアウト専門店
「コスタコーヒー」は、1971年にイタリア人兄弟のセルジオとブルーノによって英国のロンドンで誕生。英国をはじめ41カ国、3800店舗以上のカフェを出店し、欧州では品質と手いれにこだわったカフェブランドとして親しまれている。日本では2020年春から、マシンやエクスプレス(無人カフェマシン)、キッチンカー、ポップアップストアなどを首都圏中心に350拠点以上で展開。4月には、コカ・コーラがペットボトルコーヒーを発売している。

■コスタコーヒー 原宿駅店
所在地:東京都渋谷区神宮前1丁目 竹下口改札外
営業時間:平日:8時~18時、休日:9時~19時

コスタコーヒー
https://c.cocacola.co.jp/costacoffee/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年07月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方