メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

伊勢丹新宿店/新型コロナ感染拡大で一部売場を休業

2021年08月05日店舗

伊勢丹新宿店は8月4日、スタッフの新型コロナウイルス感染などから、一部売場を休業・営業時間を変更すると発表した。

ヨックモック、モロゾフなど洋菓子のカフェエシュクレ、銀座アスター、崎陽軒など惣菜の旨の膳(本館地下1階)、ジャン=ポール・エヴァン バー ア ショコラなどイートインコーナー(本館地下1階)の営業を休止する。

日本橋三越本店では、浅草今半弁当(本館地下1階)の営業、店内ツアーを休止。出入口に制限を設け、本館1階南口・ライオン口・室町口 (出口専用)、地下1階銀座線口・地下中央口(出口専用)、新館1階日本橋口・駐車場口・本館連絡口(出口専用) 、地下1階 半蔵門線口とした。

また、銀座三越は、とらや、一保堂茶舗などギンザフードガーデン(本館・新館地下2階)の営業時間を短縮し、テイスティングカウンター(本館地下3階)のワインのグラス売りを中止している。

首都圏三越伊勢丹各店の営業については、政府・東京都の緊急事態宣言発令発出に伴い、7月12日から8月31日までの間、東京都の店舗(伊勢丹新宿店、伊勢丹立川店、日本橋三越本店、銀座三越)では、レストラン各店舗における酒類の提供を中止している。

伊勢丹浦和店も、新たに発出された埼玉県の緊急事態宣言を受け、8月2日から31日までの間、レストラン各店舗における酒類の提供を取りやめている。屋上ビアガーデンも、今年の開催は断念している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年09月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方